haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ フラッシュ S4(シーズン4) 第23話(最終話)の感想  新たな家族

time 2018/09/13

海外ドラマ フラッシュ S4(シーズン4) 第23話(最終話)の感想  新たな家族

~あらすじ~

アイリスが書いた記事に市長の心が動かされ警察に復帰できそうとシンから伝えられそうになるのだが、事態は急変、空が闇に包まれる。

マリースがスターラボに来て助けてくれることに。デヴォーの中に入り、彼の良心を探すことに。見つけ出して、肉体を支配させる作戦に出る。そこで、セシルの力が必要になる。全人類の無能化まで残り時間はあと少ししかない、バリーはセシルの力でデヴォーの中へ。

セシルがケイトリンに謎の言葉を残す。トーマスは見つけた、彼はずっとこのまま。

ウェルズはシスコに必死に願いシンキングキャップを再び利用する。デヴォーとマリースが恋に落ちた場所へと向かえとバリーに指示を出す。その後、ウェルズの知識は失われる。

森、痕跡はあるもののデヴォーはいない、代わりにラルフがいた。再会を喜ぶバリーだったが、そこへデヴォーが襲来、その場から逃走する。

デヴォーが現実世界でも攻めてくる、マリースが椅子の力で空間移動して時間を稼ぐ。デヴォーがバリーを襲わなかった理由、バリーがスピードフォースと繋がっていること。スピードフォースは過去から未来まで繋がっている、すべての知識だと。そして、現状バリーはデヴォーの中にいる。デヴォーはすべてを手に入れたという。

大学教授だったデヴォーを発見、良心を発見したと思われたがその彼はすでに死んでいた。胸に穴が。そこでバリーは思いつく。ラルフが残っている理由を。この体はラルフのもの。デヴォーは彼を消せない、だから知識の中心をラルフに通過させラルフに肉体を支配させようと。中心に向かうバリーたち、しかしそこには大量のデヴォーが。バリーたちの戦いが始まるも、何とか亜ラルフをデヴォーの中心に運ぶ。

抜け殻となったウェルズは、初期のバリーと同じようなことをつぶやく。

時間稼ぎにデヴォーの隠れ家に。しかし、そこへデヴォーがやってくる。取り押さえられるシスコたち、しかしバリーが戻ってくる。そして、体を取り戻したラルフも。バリーたちは勝利を手にしたのだった。衛星も力を失くし、ダークマターも収まった。

終わったと思い、スターラボに戻る面々。出産が迫るセシル。バリーたちの前には椅子のホログラムのデヴォーが。しかし、マーリスが椅子を破壊してデヴォーのホログラムは消える。その後、ラボの衛星が地球へと落下し始める。バリーやシスコたちは現場へと向かい、救助を始める。隕石となって降り始める衛星、シスコたちは人々を守り始める。空から大きな塊が降ってくる、バリーはソニックパンチで破壊しようとする。しかし、もう一人の謎のスピードスターがバリーを助ける。気づいたときにその人物は消えていた。

マーリスかわ渡された発明品により、ウェルズは人並みに戻るも自分のアースに戻ることに。

セシルが無事に家に帰ってくると、全員が待っていてパーティーが開かれる。そして、そこにアイリスと同じジャケットを着たあの女性がやってくる。そして、彼女は自分の正体を明かす。彼女はバリーの娘でノラと名乗る。何かをやらかしてしまったと告げる。

~感想~

長かったデヴォーとの戦いが終わりましたね、そしてラルフも無事に戻ってこれましたし。多くの人がラルフの生還によろこんだと思います。これからもヒーローとして戦うのでしょう、でも能力はどうなっているのでしょうか?ほかのメタヒューマンの力は?気になりますね。そして、戦いの中のセシルの謎の発言やウェルズがぼやいたバリーと同じような言葉。さらにバリーの娘のやらかしてしまったこと、次のシーズンへの期待がいやでも膨らみますよね。楽しみです。でも、ウォーリーは今回全く役に立っていませんよね、本当に何をしてたんだかww

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link