haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ フラッシュ S4(シーズン4) 第22話の感想  光の計画

time 2018/09/12

海外ドラマ フラッシュ S4(シーズン4) 第22話の感想  光の計画

~あらすじ~

デヴォーがディグルの姿に変えて、アーガスの施設に侵入した。中にいるボーマンを狙うためだ。ボーマンを燃料にするのだと判明する。バリーは潜入しようとするが、人質が数人いて危険にさらされている。シスコたちが協力すると申し出る。フラッシュタイムを利用しようというのだ。特訓が始まる、しかし特訓中にケイトリンが吹っ飛び気絶してしまう。ラルフにも訓練して危険に巻き込み命を失わせてしまったことに気を病み、シスコたちの訓練をやめようとバリーはシスコたちから離れる。

しかし、シスコたちは引き下がらない。バリーをこちらに呼んだのは自分たちだと、すべての責任をバリーに背負わせないと。シスコたちの熱意にバリーは再び特訓することに。

マリースがどこへ行ったのか?協力はできないのか?ラボを強襲された時に刀で刺されたアイリスは無理だというが、ウェルズの考えによりどこにいるか判明。デヴォーとマリースの最初に住んでいた家にウェルズとアイリスが向かうことに。

アーガスの施設に侵入するバリーたち。人質を何とか助け出し、ボーマンを手にいてて空間移動するデヴォー。その穴にバリーも飛び込む。デヴォーは穴から街の中へ到着、ヌルの力で衛星を浮き上がらせる。しかし、バリーも穴から出て、そのうちの一つに爆弾を投げ、爆発させ作戦に成功する。バリーの前にデヴォーが現れる。衛星が破壊されたのに、そんなに慌てていないデヴォー、愛が邪魔なものといいその場から消える。

マリースの前に現れるウェルズとアイリス。マリースがまだ人類を信じていることを確信して、デヴォーを止めないとと告げる。

シスコたちが人質を助けたその後、ケイトリンがフラッシュタイムの特訓中に不可思議な過去のことを思い出したことを告げ、シスコにバイブの力を借りて過去をみることに。子供の頃、自転車に乗っていて、車と衝突。事故に遭った時、ケイトリンの姿のそれはキラーフロストだった。

スターラボに戻ったバリーとシスコとアイリス。衛星の一つを破壊したのだが、スターラボの衛星が動き出す。そして、タイムボルトにデヴォーが出現。ギデオンを利用して光の計画を発動させてしまう。

~感想~

ボーマンが縮小されて盗まれてしまいましたね。衛星を破壊して、デヴォーの計画を阻止したと思ったのに、ギデオンを利用されてしまうとかは。デヴォーの計画は成功したということなんでしょうか?もうバリーたちの負けということ?さらにケイトリンのことも新事実が判明しましたね。キラーフロストが本体でケイトリンがあとに生まれたということなんでしょうか?加速装置の爆発は関係なかったということですかね?

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link