haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ フラッシュ S4(シーズン4) 第18話の感想  守るべきもの

time 2018/09/09

海外ドラマ フラッシュ S4(シーズン4) 第18話の感想  守るべきもの

~あらすじ~

対デヴォーのためにウェルズが音叉で攻撃ができるソニックセプターを発明する。その後、ポケットディメンションが開く警報が。バリーたちはそれを持って現場に向かう。しかし、そこに現れたのは行方不明だったエドウィン・ガウスだった。バリーたちにびっくりしたガウスは再び消えてしまう。

行方が分からないガウス、しかしシンキングキャップをかぶったウェルズにより居場所の予測ができバリーたちはその場所へ向かう。

途中、デヴォーは殺すべきと考えるラルフとバリーが少し揉める。

キャップに依存しているように感じたジョーは探りを入れる。ウェルズはキャップを取り上げられ、シスコに当たる。ジョーが妻の体験談を話し、キャップをウェルズに返す。

ガウスの元に行ったバリーたち、サムロイドの襲撃があり、ケイトリンが負傷。サムロイドを倒して、ケイトリンとガウスを連れてスターラボに向かう。ガウスと話すラルフ、デヴォーの隠れ家に行ったこともあると知り、セプターを持ってその場に向かおうとするも、バリーに止められ気絶させられる。

目覚めるとバリーがラルフの側にいた。ラルフはラボの面々のためにデヴォーを殺そうと考えていた。チームのためと知ったバリーだが、ヒーローとしてのラルフを消さないでくれと頼む。

バリーがラルフと同じようにガウスの力を使ってデヴォーの元へ攻め込むべきと考える。チームの了解を得て、バリー、シスコ、ケイトリンがデヴォーの元へ。即、セプターを使用するも目の前にいたデヴォーはホログラムだった。では本体は?スターラボに出現していた。

ジョーとサムロイド、マリース(刀を使用!)とアイリス、ラルフとデヴォーの戦いが始まった。ウェルズはタイムボルトに行き、シンキングキャップを発動。ギデオンによりダークマターを限界まで注入、爆発して気絶(?)してしまう。デヴォーは化石の恐竜を召喚、ラルフはそれとまず戦うことに。

ラルフが恐竜を倒して戻ると、ラルフ以外の全員が倒れていた。デヴォーはガウスの姿をしていた。ラルフは絶叫し、突撃。腹部に隠し持っていたセプターで攻撃をする。それは直撃してデヴォーを吹き飛ばす。そして、2撃目を放ち、デヴォーを殺そうする。

アイリスがマリースを倒し、デヴォーの座っていた椅子を起動。マリースごと空間移動させる、それと代わりバリーたちが帰ってくる。バリーは急いでラルフの元へ。

ラルフはデヴォーを殺していなかった、手錠をして取り押さえていた。安堵するバリー、得意げな顔のラルフ。しかし、事態は急変する。ギルゴアの力で手錠を解除、バリーは吹き飛ばされラルフはその体を奪われる。遅れてシスコとキラーフロストもやってくるが、ラルフの姿をしたデヴォーに全員倒される。デヴォーは空間移動してその場から消える。

その後の調べでキラーフロストの力はメルティング・ポイントの力でケイトリンの中から消え去っていた。

デヴォーはラルフの力でその見た目も元に戻っていた。そして、マリースと共に本当の目的へと動き出す。

~感想~

ガウスはいいキャラだったのに、すぐ消えてしまいましたね。そして、バスの全員の力を手に入れたデヴォー、スターラボのメンバーに地獄を見せるといい、本当の目的に向け動き出しました。見てはいたのですが、デヴォーの本当の目的は何なのでしょうか?ラルフも消え、キムも消え、どうなるのか?そして、シンキングキャップで自滅したウェルズもどうなるのか?見た感じ普通でしたが。

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link