haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ フラッシュ S4(シーズン4) 第17話の感想  揺らぐ信頼

time 2018/09/09

海外ドラマ フラッシュ S4(シーズン4) 第17話の感想  揺らぐ信頼

~あらすじ~

シスコの元にブリーチャーがやってくる。光線が出せないと。その原因は老化なのだが、シスコはそれが言い出せない。

博物館で不可思議な事件が起きる。重量のある木箱が空中に持ち上げられ地面に叩きつけられ中身が盗まれてしまう。ジャネットは通称ヌルと呼ばれる泥棒だった。居場所が分かり、ラルフと共に向かうバリー。その場所にはラルフの知り合いのアールがいた。ジョーの姿でヌルの情報を得ようとする。ヌルを発見、しかしバリーが力を使用され風船のように浮いてしまう。ヌルに逃げられ、バリーはスターラボで何とか元に戻る。ふざけているラルフに、今回はチームから外れるように言う。

銀行強盗の現場にヌル、バリーは素早く手錠をかけるのだが。先に車を浮かせておいて、バリーにそれを助けさせる。(中に人がいたので)その隙にヌルは逃げる。

マリースは椅子の調整中、ある物質を発見。それはウィーパーから出たドラッグだった。多幸福感を与える能力、それで自分が薬漬けになっていることを知る。そのことを知った時、後ろにデヴォー。毎回、君は気づくといい再び薬を打ち込む。

バリーがラルフと話す。ふざけているように見えるが、ラルフなりに恐怖と戦っているし、真剣なのだとバリーは素直に謝罪して、ラルフと分かりあう。

ヌルがさらに再び宝石を奪おうとする。バリーとラルフが立ちふさがる。浮き上がらされるバリー、ラルフはヌルに手錠をかけ、力を封じる。落下するバリーをクッション状になったラルフが救う。

ブリーチャーがシスコと話す。コレクターを引退すると、そしてその空きにシスコを誘う。

マリースは事実に気づいては、薬を打たれる。そして、同じ時を繰り返す。

タイムボルトに入るウェルズ、シンキングキャップをタイムボルト内に装着して、ギデオンを呼び出す。

~感想~

ラルフのふざけは必要ないと思うけどwwそれが彼の良さなのでしょうね。ブリーチャーが引退して、シスコを誘いました。シスコはどうするのでしょうか?そして、ギデオンを呼び出したウェルズ、ヴィランになろうとしてるのかな?どうなんでしょうか?

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link