haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

映画『デッドプール2』を見た感想 悪ノリしまくり、人によっては最高かも?

time 2018/06/25

映画『デッドプール2』を見た感想 悪ノリしまくり、人によっては最高かも?

~あらすじ~

のんきに過ごすデッドプール(ライアン・レイノルズ)の前に、未来から来た“マシーン人間”のケーブル(ジョシュ・ブローリン)が現れる。大好きなヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)のためにまっとうな人間になると決めたデッドプールは、ケーブルが狙う不思議な力を持つ少年を守ろうと、特殊な能力があるメンバーだけのスペシャルチーム「Xフォース」を作る。 (引用:https://movies.yahoo.co.jp/)

~感想~

序盤からウルヴァリンの映画のことを話しています。その後、爆発。バラバラになってしまいますが、当たり前のように復活しています。仲間の中に透明なミュータントがいたそうですが、それがブラッドピットらしいです。観客に話しかけたりしてきますし、タクシードライバーがはっちゃけてますし。アメコミに詳しかったり、この悪ノリについていける人は楽しめると思います。グロいシーンが確かにありますが、私はあまり気になりませんでした。

ただ純粋に面白かったかと言えば、そんなに楽しめませんでした。確かにクスッとくるシーンはありますが、最後の本人役(グリーン・ランタンをオファーを喜んでるシーン)とか、記憶からなくしたいデッドプール(ウルヴァリンに出てきたアレ)とかのシーンは、面白いと思えませんでした。多分、続編があっても映画館に見に行かないと思います。最後のデッドプールが亡くなりそうになるシーンも、くどくしつこかったように私は感じてしまいました。未来から来たキャラに対して、全員そんなにツッコまないのはどうなのだろうと感じました、もうタイムトラベルとかそんなに驚かない感じ?

すべてが悪いわけではないです。感じ方は人それぞれなので。出てくるキャラが印象に残っています。ドミノとユキオの2人です。特にユキオはあまり能力も会話もそんなになかったのですが、素直に可愛いと思えるキャラでした。それぐらいかな?

このノリがデッドプールの良さなのでしょう、私はダメでした・・・

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link