haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ ジェシカ・ジョーンズ S2(シーズン2) 第12話の感想 無事を祈って

time 2018/05/19

海外ドラマ ジェシカ・ジョーンズ S2(シーズン2) 第12話の感想 無事を祈って

~あらすじ~

カールの実験により病院へ運ばれたトリシュ。ジェシカとドロシーがトリシュの様態を固唾をのんで見守る中、コスタはジェシカに緊急事態を告げる。それはアリサの脱獄だった。ジュリは自分を欺いた者達シェーンとイネズへの報復を図る。

アリサが逃げたことがジェシカに伝わる、そして狙いはトリシュであることも判明する。

病院で何とかアリサを食い止めたものの、病室から飛び降りて逃亡。その際、刑事が1人死亡してしまう。

力の無駄使いとトリシュとジェシカが言い争っているときに、アリサから電話。

2人で会おうと、場所はトリシュの部屋が指定された。(シンプソンが置いていった武器があると)

トリシュは銃を入手、イネズと接触。シェーンに騙されていると煽り、銃を手渡す。

イネズはシェーンと家の中で口論となり、銃を発砲。ジュリはそれを見守っていて通報する。

トリシュが激しい痙攣を起こしてしまう。

トリシュの部屋にやってくるアリサ、背後から銃を向けるジェシカ。

他にも選択肢はあったというジェシカ、銃を撃つのをためらう。

その隙をついてアリサは、ジェシカに攻撃、気絶させる。

アリサはジェシカを奪ったキャンピングカーに乗せ、走り出す。

 

~感想~

容体が急変してしまったトリシュは無事なんでしょうか?そしてジュリの言ったシェーンがイネズを騙しているというのが真実なのでしょうか?おそらく嘘なのでしょう、ジュリの復讐がこれで終わるのでしょうか?そしてジェシカはどこへ連れていかれるのでしょうか?それぞれの物語が終焉と向かっていますね。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link