haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ ジェシカ・ジョーンズ S2(シーズン2) 第09話の感想 浴槽にサメ、ベッドに…

time 2018/05/12

海外ドラマ ジェシカ・ジョーンズ S2(シーズン2) 第09話の感想 浴槽にサメ、ベッドに…

~あらすじ~

アリサと共にいるところに、銃撃を受けたことで、計画の見直しを迫られるジェシカ、オスカー(大家)は息子を失いそうになり、ジェシカに助けを求める。調査をやめたジェシカにに不満を抱くリシュのいら立ちは、ついに爆発してしまう。

襲撃者はチェンだった。アリサと共にジェシカも到着。殺そうとするアリサを制止して、浴槽に閉じ込める。

トリシュが理由を聞こうとやってくるが、胡麻化してしまう。

オスカー(大家)は、息子を奪われそうになり(母親に)、ジェシカに助けを求める。バスで出発しようとしていたが、力づくでバスを停め、オスカーの息子を取り戻す。

トリシュはいら立ちがどんどん溜まっていったが、大手から仕事の依頼がやってくる。

ジュリは出所したシェーンに治療してもらう。

目を覚ますチェン。誘拐拉致は襲撃でチャラにしてもらうが、母親の件は見逃せないと。

ジェシカは観念して警察に連絡、それを聞いたアリサは逃亡。

アパートの入口には警察が待ち構えていた、逃げようとするアリサをジェシカは止める。

 

~感想~

やっぱり襲撃者はチェンでしたね、まぁ親友を殺されていますからね。(自業自得でもありますが)アリサがどうなるのか、そして治療してもらったジュリは?今回出てこなかったカールはどうしているのでしょうか?

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link