haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

映画『レディ・プレイヤー1』を見た感想 「俺はガンダムでいく」「俺もガンダムでいく」「いや俺も・・・」

time 2018/04/28

映画『レディ・プレイヤー1』を見た感想 「俺はガンダムでいく」「俺もガンダムでいく」「いや俺も・・・」

この映画、すごく面白かったです!

~あらすじ~

2045年、人類は思い浮かんだ夢が実現するVRワールド「オアシス」で生活していた。主人公であるウェイドはパージヴァルとしてオアシスの世界に入っていた。ある日、オアシスの創設者の遺言が発表される。その内容は、オアシスの三つの謎を解いた者に全財産の56兆円とこの世界を与えるというものだった。これを受けて、全世界を巻き込む争奪戦が起こり……。パーシヴァルもまたその争奪戦に挑む。(引用:https://movies.yahoo.co.jp/)

~感想~

ストーリーも分かりやすく、恋愛や仲間との友情、コメディな部分もあり、ちょっとホラーあり、とても楽しめる映画でした。そして、何よりも映画に出てくる他の映画の人物だったり乗り物だったり!1度見ただけではきっと、すべての把握は無理だと思います。

予告では主人公がデロリアン(バック・トゥ・ザ・フューチャー)に乗ってましたよね、後半でも乗っているのですが、かっこいいwwヒロインであるアルテミスは金田バイク(AKIRA)に、他にもアイアンジャイアントやキングコングなど、そして映画が公開される少し前にはガンダムが出てきました。「俺はガンダムでいく」、名セリフです!オーバーウォッチというゲームのキャラクターも出てましたよね。

そして本編では、敵のボスであるソレントはメカ〇〇ラに乗り込みます、それだけでも驚きなのに、それがガンダムと戦闘するなんてwwバットマンもちょっと出てましたし、たぶん間違ってなかったら忍者タートルズも出てたはず。他にも気づいてないだけで色んなキャラクターがいたはず。

この映画の世界観というか仮想世界の表現がとてもすごいです。きっと誰もが一度は入ってみたいと思うはず。(一回死んだら、すべてがなくなるのは怖いですが)。アニメでも仮想世界が舞台のものがありますよね。現実でも映画よりはレベルが下がりますが、VRが出てきました。きっと時代が進めば家にいながら、外国やまたは違う世界へと旅立つことができるのでしょうね、生きている間に実現してほしいですが。

さて、この映画。最初にタイトルを見たときは、私は勝手に3部作かなって思いました、最後に1ってあるから。でも映画は綺麗に終わったように感じました。プレイヤーの1人という意味だったのかなと思います。

ちなみに、他に何のキャラが出てたのか知りたかったので、パンフレットを買おうとしたら、すでに売り切れ・・・。違う映画館に買いにいこうと思ってます。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link