haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ ジェシカ・ジョーンズ S2(シーズン2) 第02話の感想 不可解な事故

time 2018/04/08

海外ドラマ ジェシカ・ジョーンズ S2(シーズン2) 第02話の感想 不可解な事故

~あらすじ~

過去のフラッシュバックに苦しむジェシカ。トリシュの情報にあったコズロフのいる場所に向かうが・・・。過去の人脈を使って(母親とか過去のプロデューサー?)情報を得ようとするトリシュはマルコムにジェシカには内緒で手伝ってもらうことに。

 

~感想~

ジェシカがコズロフの家にいくと、コズロフが死亡していることが判明。タイトルの通り、不可解な事故死だったという。

ジェシカを手伝うマルコムにアネットという女性との関係、恋人?

トリシュは母親からマックスという男性の居場所を聞く。昔のプロデューサー?枕営業(強制?)、清い関係ではないみたい。

マルコムはトリシュが去ったあと、マックスと接触。殴ってしまう。

ウィザーの家に忍び込むジェシカ、トリシュ宛に送ったと思われるムービー。強い能力を持つと、深い心の病にかかるらしい。

ウィザーのムービーからトリシュとの関連が生まれ、それがある人物に知られ狙われることに。

トリシュを尾行していたシンプソン、トリシュにばれ捕縛される。

コズロフに改造されたのではないらしい。

トリシュの元にジェシカが到着、そこへ敵の襲撃。シンプソンが立ち向かうが死亡してしまう。そのまま襲撃者は去ってしまう。

 

シンプソンがあっけなく死んでしまいました。まだ見えない敵の正体、不気味ですね。トリシュの過去も少し出てきましたね。出てきたマックスとの関係、彼女からベッドに潜り込んできたと言っていましたが、本当なのでしょうか?私的には母親の指示だったような気がします。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link