haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

映画『ジャスティス・リーグ』を見た感想 ワンダーウーマンがやっぱり美しい

time 2018/01/06

映画『ジャスティス・リーグ』を見た感想 ワンダーウーマンがやっぱり美しい

ヒーロー集合の映画、ジャスティス・リーグを見ました。

バットマン・ワンダーウーマン、フラッシュ、サイボーグ、

アクアマンが集まりました。

単体の映画はワンダーウーマンだけですかね、

バットマンは

スーパーマンとの対決の映画でしたから。

 

あらすじはあの予告通りでしたね。

敵の襲来があるから、バットマンが

仲間を集めて立ち向かう、

シンプルなストーリーでした。

正直感想としては、

面白かったのは面白かったです。

少し期待が大きすぎたかなという感じです。

最後はあのキャラが活躍したというか

レベルが違いすぎたので

何だかなぁと思ってしまいました。

 

バットマンはかっこよかったです、

唯一の普通の人間でしたが

最初のシーンがよかったです。

フラッシュは好きなキャラですが

まだヒーローとして

戦闘経験がないらしく

大きな活躍はなかったような

気がします。でも明るいキャラとして

チームのムードメイカーでしたね。

 

サイボーグ、ちょいちょい活躍。

アクアマン、もう豪快なキャラでした、

海でならもっともっと活躍するのでしょう。

そして、ワンダーウーマン

やはり美しかった。映画を見て

最大の感想でしたww

本来、この映画は結末が違ってたそうです。

終わりに次の敵キャラが登するらしかったと。

制作の関係で変わったそうですが

続編も当然あるでしょう。チームとして

戦った今回、次はもっとそれぞれのキャラが

活躍するのでしょう、それぞれの単体の

映画もあるでしょうし。

 

マーベルのアベンジャーズの映画も

新しくありますし、アメコミ映画が

楽しみですね!

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link