haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ フラッシュ S3(シーズン3) 第22話の感想  悲劇のカウントダウン

time 2017/12/18

海外ドラマ フラッシュ S3(シーズン3) 第22話の感想  悲劇のカウントダウン

アイリスはバリーに向けて、携帯にメッセージを残していた。今夜が運命の日だったのだ。

シスコとバリーは莫大なエネルギーを発生させる装置・ドミネーター(インベージョンの時の宇宙人の装置)のある場所へ向かっていた。そこはアーガスだった。しかし、バリーには渡せないという、フラッシュポイントの件で信用できなくなったからだと。

バリーはキャプテン・コールドに力を借りることに。(タイムトラベルで連れてくる、つまり死ぬ前

アイリスとジョー、ウォリーはアース2へ避難することに

ドミネーターの装置を手に入れて、スターラボに戻るバリー。HRにアイリスの居場所を聞く。最初に教えてもらうとアレンにバレてしまうため。アース2と答えるHR、しかしそのバリーはサビター・アレンだったのだ。

アレンがアース2へ。ウォリーを吹っ飛ばしてアイリスを連れ去る。

シスコのバイブが発動、森の中で読んでる映像が見える。昔見えた戦いの映像の場所と同じ。シスコは見えた森へ向かう。そして、2人の戦いが始まってしまう。

街ではサビターとアイリス、そしてバリー。スピードフォースバズーカが効かなかった。バリーたちの奮闘空しく、アイリスはサビターに突き刺されてしまう

■ちょっとした感想

久しぶりのキャプテン・コールド。レジェンド・オブ・トゥモローで死ぬらしいですからね。でも、ミラーマスターとトップの時とかもちょくちょく出てましたよね、また出番あるかも。避難させていたアイリスは結局連れ去られ、殺されてしまいました。バリーは絶望に飲まれてしまうのでしょうか。決定した未来に立ち向かっても結果が変わらなかった、この戦いの行方はどうなるのでしょうか?

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link