haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ フラッシュ S3(シーズン3) 第21話の感想  失われた記憶

time 2017/12/18

海外ドラマ フラッシュ S3(シーズン3) 第21話の感想  失われた記憶

残存した時間軸のバリー。過去に行き、自分と出会うことで作られる時の分身。ズームを倒す時にも発生して助けてもらっている。(よく分かりません)

始まる2人のバリーの戦い、サビターは逃げ出す。

作戦を考えても、違う時間軸のバリー・アレンにはバレてしまう。バリーの脳を少しいじって作戦を知られないようにすることに。電気を流して。しかし、その結果、バリーはすべてを全員を忘れてしまう。ジョーたちが慌てている中、セシルから連絡が。裁判でバリーの証言が必要に。ジュリアンが何とか眼鏡の無線を渡して協力するが、ルシアス・クーリッジ(ヒートモンガー)という放火魔が作戦が失敗して釈放されてしまう。

サビターも記憶喪失に。ラボに戻ってくるシスコたち、そこへキラーフロストが現れる。キラーフロストもまたサビターのことで困っていた。

 

自分の部屋に戻るバリーとアイリス。キスをする2人、そこへバリーが力に目覚め困惑する。ラボに戻り、力を確認するバリー。アイリスはそれを見て、純粋に笑っているバリーを見て複雑な心境になる。

ヒートモンガーが再び犯罪に手を染める。フラッシュとして現場に向かうバリー、ケイトリンの手助け、シスコの装置、アイリスの言葉により記憶と経験を取り戻り、ヒートモンガーを捕まえる。記憶が無事に戻ったのを確認したケイトリンはその場から消える。

 

トレイシーがトラップ、スピードフォースバズーカを完成させる。しかし、すごいエネルギーが必要と判明。そのエネルギーを発生させるのに必要な装置のそばには、キングシャークが潜んでいた。

■ちょっとした感想

今回は少しコミカルでしたね。すべてを忘れ、重圧から解放されたバリーを見ていたアイリスの気持ちは視聴者なら少し分かるような気がすると思います。完成したスピードフォースバズーカ、名前長いな。それは当たるのでしょうか?そして、それの守護神的なキングシャーク、無事手に入れることができるのしょうか?

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link