haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ フラッシュ S3(シーズン3) 第16話の感想  尊い犠牲

time 2017/12/18

海外ドラマ フラッシュ S3(シーズン3) 第16話の感想  尊い犠牲

バリーはウォリーを助けるため、シスコの力を頼りにスピードフォースへ向かうことに

そこで、バリーはエディ・ソーやロニー、キャプテン・コールドと出会う。スピードフォースはバリーを助けない、約束をやぶり、フラッシュポイントを生み出したから。ウォリーを何とか見つけ出す、彼はそこで母親の死を何度も何度も繰り返し体験するという。現在、そこは彼にとって地獄だった。

スピードフォースの変化したキャプテン・コールドがウォリーを助けようとするバリーを邪魔する。しかし、そのバリーをシスコの救援を求められたギャリックが助けに来る。キャプテン・コールドを退けたバリーたち、ウォリーを連れ出そうとするが、ギャリックが足を止める。不思議に思うバリーに、ギャリックは告げる。ウォリーの代わりのスピードスターが必要だと。ウォリーの代わりにギャリックが残ることに、バリーはサビターを倒すとギャリックに誓う。

バリーがスピードフォースに向かっている間、ジェシーはサビターのかけらを持ってスターラボを抜け出していた。止めに入ったHRを殴り倒して。サビターの所へたどり着くが、返り討ちに遭いそうになる。しかし、鎧の隙間を狙い一太刀浴びせる。ジェシーに攻撃を食らったサビターは、ジェシーのための計画があると告げ、消える。

バリーとウォリーがスピードフォースから脱出する。ジェシーはウォリーにギャリックがいない間アース3へ。

HRからの情報、鎧の隙間を攻撃してダメージを与えることができた、痛みを感じるということ、サビターはただの人間だと。

バリーはアイリスにきちんと告げる、プロポーズはアイリスを救うため。2人は距離を置くことに。

 

■ちょっとした感想

何とかウォリーを救うことができましたね、しかしギャリックが犠牲になってしまいました。スピードフォースがスピードスターを人質にとっているようで、なんか嫌でしたが。ジェシーのおかげで、サビターを倒すことができるのではと希望が湧きましたね、ただの人間、ではその正体は・・・アイリスと距離を置いたバリー、想う気持ちに変わりはないのだから、私はそのままでいいと思うのですが。この先、未来はどうなるのでしょうか?

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link