haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ フラッシュ S3(シーズン3) 第20話の感想  サビターの正体

time 2017/12/18

海外ドラマ フラッシュ S3(シーズン3) 第20話の感想  サビターの正体

サビターの前にバリー、「 正体が分かったぞ 」

 

話は少し前に戻る。

アレンの情報から、バリーたちはトレイシー・ブランドに会いに行く。イメージとは違う彼女だったが、そこへキラーフロストの襲撃に遭う。トレイシーを何とか逃がすのに成功、しかしキラーフロストも逃げてしまう。

HRがシスコの協力でトレイシーと話し、協力するのに説得しようとする。HRは科学に疎いため。しかし、またもキラーフロストの襲撃。シスコは殺してしまうかもと、攻撃に躊躇してしまう。

 

ジョーとセシル。危険に巻き込まないために、関係を終わらせようとするが、キラーフロストが現れ、セシルがさらわれる。トレイシーと交換だと。

廃工場。シスコが天井に隠れて、隙をうかがう。ケイトリンが現れる。しかし、ケイトリンにすべてがバレていた。サビターの正確すぎる情報だ。バリーはジョーたちをかばい、負傷。ケイトリンとシスコの戦いが始まる、なんとか倒して気絶させる。しかし、そこへサビターが現れケイトリンを連れ去る。

 

戦いが終わり、ジョーはセシルに本当の気持ちを話す。すべてを話し、ジョーは家に戻る。そして、バリーやアイリス、ウォリーにそのすべてを話す。あの宇宙人の話ではないが、愛がすべてなのだと。その話の中からバリーはサビターの正体を推測する。

 

レンがジョーがケイトリンがバリーに言った言葉の数々

 

愛のない人生はすべてを変える

残存した時間軸の自分まで発生させた

すべて彼にとってお見通し

彼にとっては過去

彼とあなたは似ている

俺は未来だ

 

バリーはジョーたちに用事があると、家を飛び出し走り出す。そして、ある程度走ってサビターに呼びかける。バリーの前にサビターが現れる。

未来を知っている。その出来事を体験している。僕だった頃を覚えている

そして、時は戻る。サビターの鎧の中から現れる人物それは、バリー・アレンだった

「 僕は未来なんだよ、フラッシュ。 」

 

■ちょっとした感想

サビターの正体が判明しましたね、違う時間軸から発生してしまったバリーだったんですね。書いていてよく意味が分かりませんが。未来の別のアレンということでいいんでしょうか?

この2人のバリーの戦いはどうなっていくのか、まったくわかりません。

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link