haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ フラッシュ S3(シーズン3) 第11話の感想  生か死か

time 2017/11/24

海外ドラマ フラッシュ S3(シーズン3) 第11話の感想  生か死か

夜のコーヒーショップ・ジッターに謎の女性が入り口のガラスを破壊して侵入する。その現場に警官が到着するが、その女性が手のひらから衝撃波を出し警官たちを倒す。そして、時空の穴をあけ消える。シスコと同じような能力だった。ラボで防犯カメラを調べていると、ラボの警備カメラにその女性の姿が映る。ウェルズを呼び出すその女性は、ジプシーと言う名前で、コレクターという組織の人間だった。ジプシーは穴をあけ、シスコたちの前に現れる。ウォリーが加勢するが、倒されてしまう。時空間移動は大罪なので、それを行ったウェルズを連れ戻し、罰するために現れた。その罪は死刑となる。

アイリスはウォリーと共にネタの武器商人を追う。アイリスが殺されそうになるが、死ぬ運命でないと危険な行動、接近する。ウォリーが事が起きる前に武器商人を倒して、何とか武器商人を捕まえることに成功する。

ウェルズを渡さないために、決闘裁判を挑む。戦うのはシスコ。バリーはウェストの案で、殺される可能性が高いシスコが戦う前に、ジプシーを捕まえようとするが、見事に返り討ちにあう。結局、戦うことになったシスコ、ジュリアンのアイデアにより、無防備な瞬間に攻撃をしかけることに。戦いが始まる、色んな場所に飛びながら戦う二人、最終的にはシスコが勝つ。任務に失敗したことがないジプシーはウェルズは殺したと伝える、つまりは自分の世界には戻れないということ。これが条件になるようだ、ウェルズはその条件に従う。

アイリスが殺されそうになったことが、メンバーやジョーに伝わる。アイリスと二人になったバリー、自分の生きた証を残せないのが怖いと告げる。バリーはアイリスに言う、サビターが言った言葉、バリーはサビターを一度倒していると。再び倒すとアイリスに告げる。

 

スターラボで特訓中のウォリー、どんどんスピードが上がっている。そんなウォリーにバリーは告げる、自分にアイリスは救えない、君が救うんだ と。

■ちょっとした感想

新たなキャラジプシーが出てきましたね、セクシーな彼女にシスコは夢中になっていました、再び彼女は出てくるのかな?シスコと同じ能力、かなり強力なキャラですね。そして、アイリスを救う鍵はウォリーだそうで。どんどん早くなっているウォリーは、バリーの代わりにアイリスを救うことができるのでしょうか?気になりますね!

 

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link