haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ フラッシュ S3(シーズン3) 第10話の感想  未来の悪魔

time 2017/11/15

海外ドラマ フラッシュ S3(シーズン3) 第10話の感想  未来の悪魔

アイリスが殺される悪夢にうなされるバリー、それをアイリスは内容を教えないバリーを心配する。

 

現場ではフラッシュとキッド・フラッシュが火事の消化に当たっていた。警察署ではキッド・フラッシュは役立たず、他の街に送ってしまおうという刑事がいた。ジョーはそれを聞いて、ウォリーをかばうが、ウォリーはそれを側で聞いていた。スターラボでは、化学ミュージアムとして仮オープンしていた、受付嬢にオルガという女性がウェストにより雇われていた。

ケイトリンがジュリアンの元を訪れる。一応はメタヒューマン専門ということだから、自分の力を消してほしいと頼む。だが、ジュリアンは冷たく断る。

 

強盗発生、犯人はモリーロ、バリーが未来に行った時にニュースに流れていた強盗だ。隙を見せたバリーにモリーロが銃を発砲、その銃は未来銃のようなもので、バリーは吹っ飛ばされる。結局、モリーロに逃げられる。ウェルズの発言により、プランダーと呼ばれる。しかし、未来でもすでにそう呼ばれていた。ケイトリンは再びジュリアンの元に向かう、呼ばれたからだ。罪悪感の話をする、ケイトリンはスターラボに誘う。

バリーは小説家としてのウェルズに未来の話を聞く。未来は変えることができるのか、決まってしまっているのかと。ウェルズの考えは、未来の結末は決まってしまっているという意見だった。

 

再び強盗発生。プランダーが銃撃、バリーは避けるのだが、その弾は追尾してきた。弾に追われるバリー、コンクリートをすり抜け弾を防ぐ。そして、プランダーを殴り倒すのだが。捕縛しようとするバリー、しかしそれで未来のニュースの通りになってしまうと感じ、動きが止まってしまう。プランダーは気絶しておらず、銃を撃とうとする。しかし、ウォリーがそれに気づき、プランダーを捕縛する。スターラボに戻るが、バリーはウォリーを怒ってしまう。

 

バリーはアイリスに未来の新聞を見せる。フラッシュが行方不明という記事、記者はジュリーという人物。アイリスではない、そしてバリーが見た未来を話す。絶望するアイリス、しかし助けようとジョー以外のスターラボの面々に話す。シスコがバイブの力を使用して、バリーが見た映像を共に見ようとする。

バリーが見たニュースをウェルズがメモしていく。

ミュージック・マイスター出版契約・ルイージの店再開・ジョー・ウエスト表彰・キラーフロスト逃亡・すらーらぼミュージアム閉館・ゴリラ襲撃

そして、サビターがアイリスを殺害するシーン、違うのは遠くの屋上に銃を構えたウェルズがいたことだった。バリーたちはこの出来事を少しずつ変えていき、アイリスが殺される未来を回避しようと考える。そんな時、バリーに怒られその場を離れていたウォリーが戻ってくる。プランターが逃走したと。

 

行方が分からないプランターだが、バリーは未来のニュースを思い出す。そして、答えは美術館ということが判明。ジョーは不思議がるが、アイリスが宝石展が開かれていると説明、それで納得する。バリーはウォリーと共に現場へ向かおうとする、ウォリーは怒られた理由を未来の確定しそうで怖かったからと聞き、納得し現場へと共に向かう。プランターを発見、ウォリーが接触するが逃げられてしまう。バリーはウォリーに言う、今回は未来を変えるために君が捕まえるんだと。ウォリーはバリーと共に逃げているプランターを追い、見事に倒して捕まえる。倒れたプランターをバリーが拘束、ウォリーはキッド・フラッシュとして街の住民に認められ始めた。

バリーたちの引っ越し祝いが開かれる。そんな中、外では時空の穴が空き、一人の女性が飛び出してきた。その女性は腕時計からホログラムを出した、そのホログラムはウェルズの姿を現していた。

■ちょっとした感想

アイリスの未来を変えることはできるのでしょうか?未来の出来事の中のゴリラの襲撃というのは恐らくグロットでしょうね、また出てくるのか。ウォリーも戦力になってきましたし、スピードスターが2人もいたら、この街はものすごく安全なような気がするのですが、この先はどんな強敵が出てくるんですかね?楽しみです。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link