haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ フラッシュ S3(シーズン3) 第06話(前編)の感想  忍び寄る影

time 2017/10/29

海外ドラマ フラッシュ S3(シーズン3) 第06話(前編)の感想  忍び寄る影

ウォリーがキッドフラッシュとして人々を救っているという夢を見る。ジョーはセシルとデートの予定をしていたが、ウォリーからその話を聞き、バリーに相談する。それを聞いたバリーはジョーたちにフラッシュポイントでの話をする。

21

夜、サラリーマンが巨大な影に襲われ殺される。そして、影はすぐさま消える。翌日、バリーとジュリアンが調べる。その後、バリーが映画に誘う。(ジョーのデートが映画で、みんなと行こうという予定だったので)しかし、ジュリアンは彼女とデートだと断る

22

スターラボ。襲われた際の映像を見るメンバー。アース19に同じメタヒューマンがいてシェイドと呼ばれていた。自分の姿を影のように見せる。それとは別に、メタヒューマン用の手錠が盗まれる事件が起きていた。

 

連絡がつかないウォリーを心配するジョー、再び連絡しようとするがウォリーが現れる。そこで話す二人。アレンと区別していると感じるウォリーに対してジョーは素直にそう告げる。さらに、現在はアルケミーがフラッシュポイントで力を持っていた人物を惑わせ、力を目覚めさせているので、バリーとは状況が違いすぎると説明する。しかし、そこでライバルに殺されるフラッシュバックがウォリーを襲い、激痛が彼を痛める。

 

ケイトリンはシスコに自分に今起こっていることを話す。メタヒューマン用の手錠を盗んだのは自分だと。そして、バイブで未来を見てほしいと告げる。驚くシスコだが、力を使用して未来を見る。その未来にはキラーフロストとバイブが戦闘していて、バイブが殺されるという映像だった。見終わったシスコはケイトリンに何も見えなかったと嘘をつく。

スターラボに運ばれるウォリー。アルケーミーの件から、ウォリーをケージに入れることに。セシルとのデートを断ろうとするジョーだったが、ウォリーとアイリスの後押しにより、デートに向かうことに。それに黙るからついて行くとウェルズ、そしてシスコが行こうとする。ケイトリンは何か避けられているように感じ、ケイトリンも映画に行くことに。

 

映画デート。よく喋るウェルズはおかしを買いに行かされる。ジョーとセシルは列に並んでいる。セシルには娘がいるそうだ。場所を取りにいくシスコとケイトリン。シスコが嘘をついていることに気づいているケイトリンは、本当のことを言うようにシスコに頼む。本当の映像のことを聞かされたケイトリンは驚愕する。映画が始まり場所に移動する面々、しかしそこへシェイドが現れる。バリーはすぐさま現場へ向かう。影から影へと移動するシェイドに翻弄されるバリーだったが、車や映画の明かりを利用してシェイドを弱らせ、人の姿に戻す。ケイトリンがバリーの元へ向かい、自分が持っていた手錠を渡して、シェイドを捕縛する。捕まえられたが、散々なデートになってしまった。

23

後編へ。

 

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link