haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ フラッシュ S3(シーズン3) 第02話の感想  代償

time 2017/09/24

海外ドラマ フラッシュ S3(シーズン3) 第02話の感想  代償

戻したはずの現在、しかし少しずつ違ってきている。バリーは混乱して、フェリシティの元に向かいすべてを打ち明ける。自分が時間軸を変えてしまい、元に戻したはずということを。

2

アイリスとジョーが絶縁中。原因は母親の生存。

警察の鑑識に見知らぬ同僚。もう1年も一緒に働いているらしい。嫌われているが。名前はジュリアン・アルバート。対メタヒューマン課。

3

シスコの兄の死。バリーに対しての想いは、時間軸を変えて兄を助けてほしいというが、断られているから。

アローの仲間の子供が女の子から男の子に代わってしまっていること。

バリーはフェリシティに言われ、何とか現状を治そうとする。人の抜け殻が複数発される事件が起きている中、バリーは全員を集め食事をして修復しようとする。しかし、その作戦は失敗する、さらに食事中にメタヒューマンが現れ、ウォリー以外スターラボに向かう。

 

バリーの前にいたのはライバルだった。ライバルことクラリスはアルケミーと接触して力と記憶を取り戻していた。アルケミーやライバルはバリーが時間軸を変えたことを知っていた。そして、始まる戦闘。ライバルに何とかダメージを与えるも逃げられてしまう。ライバルと話していることをアイリスが情報で知る、そこから問い詰められる。内容を話せずに、アイリスの元を離れる。そして、再び過去へと走り出すが途中で何者かの邪魔を受ける。その相手は初代フラッシュだった。しばらく見守っていたという、そして時間軸を変えることの危険性を再び話す。失敗のたびに危険なやり直しをするのかと、そんなヒーローになりたいのかと。バリーはその言葉を受け、ラボのメンバーに話すことに。現状は変わってしまった、元に戻すことはできないと。シスコは当然の如く、受け入れられない。

4

ジュリアンの資料(複数の脱皮のあと。その内の一つがライバルのものとラボにて分かっている)から、ライバルの現在位置を割り出したバリーはその場へと向かう。そこにはアルケミーがバリーの前に姿を現し、自己紹介する。目的は能力の解放、世界の覚醒だと。アルケミーが手のひらから何かを出す。それが直撃してダメージを受けるバリー。さらにそこへライバルが攻撃をしかけてきて、ピンチになる。止めを刺される瞬間、ライバルが吹っ飛ぶ。スターラボにて、アイリスがメンバーを説得、許すことが必要だと話、自分はジョーを許すと話した。シスコは自分の装備を作っていて(バリーは覚えていないが)、加勢に来てくれたのだった。シスコの力(衝撃波)により、ライバルを倒すことに成功し、スターラボに監禁することに。アルケミーの姿はもうどこにもなかった。

5 6

ラボに戻ってきた時、メンバーはもうフラッシュ・ポイントでのそれぞれの生活を聞かないとバリーに告げる。別れる際、バリーはケイトリンだけはそんなに変化がないと告げる。しかし、密かにケイトリンはメタヒューマンの力が目覚めていた。

 

ジュリアンと話すバリー、クラリスのことを知っていたかのような反応を見せたので、その理由を聞くが、バリーは誤魔化す。ジュリアンがバリーを嫌っている理由は信じられないからだと話す。

 

ラボに監禁されているライバル。そこへ、アルケミーの声。失敗を責めるアルケミーに対して、怯えるライバル。すると、謎の手が出現してクラリスを捕まえる

7

■ちょっとした感想

フラッシュポイントのことを話しましたね。ケイトリンにメタヒューマンの力が目覚めるとは、彼女も戦うことになるのかな?全員から攻めれらるバリーですが、バリーもすごく苦しい体験していますよね、母親を仇敵に殺させるという。それは話さないのでしょうか、すごいきついと思うのですが。アルケミーの目的、世界の覚醒、それが何をさすのかはまだ分かりません。始まる新たな戦い、どうなっていくのでしょうか?(画像が暗くてすいません)

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link