haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ フラッシュ S3(シーズン3) 第01話の感想  フラッシュポイント

time 2017/09/14

海外ドラマ フラッシュ S3(シーズン3) 第01話の感想  フラッシュポイント

過去を変え、新しい生活をしているバリー。アイリスに偶然を装って話かけるチャンスを探っていた。しかし、そこにニュースが流れる。フラッシュライバルと呼ばれるスピードスターと戦っているという報道だった。この世界では、バリー以外の誰かがフラッシュとしてヒーローとしてメタヒューマンと戦っていた。その場に向かうも、2人はすぐ姿を消す。

2 3

リバースフラッシュことイオバード・ソーンはバリーによって監禁されていた。監禁されていることに怒りをぶちまけるイオバード、しかしバリーに告げる。「 きっと私に、母親を殺してくれと頼む 」と。

4

再びフラッシュとライバルの戦いの場に向かう。ライバルの攻撃に倒されるフラッシュ、バリーはその姿に驚く。アイリスの弟ウォリーだった。アイリスもそのことを知っていて共に戦っていた。ライバルを倒すため、シスコに協力を求める。彼はこの世界では金持ちになっていた。フラッシュの正体を知っていて、スーツの開発に協力をしたものの、巻き込むなとシスコはバリーたちを避ける。

バリーは自分の記憶が少しずつ消えていっていることに気づく。イオバードに問うと、フラッシュポイントの副作用だと答える。いずれは自分がフラッシュだったことも消えてなくなるだろう。危機を覚えたバリーは、スターラボにアイリス、ウォリー、シスコを強制的に集め自分の正体を話す。過去を変えてしまったこと、自分がフラッシュだということ、記憶が少しずつ消えていくこと、何か足りないと感じたバリーはケイトリンをも拉致する。(こちらの世界では小児科の眼科医らしい)状況に困惑するも、ライバルを見つける手段を発見、バリーとウォリーはその現場に向かう。(この時、ウォリーのことをキッドフラッシュと呼ぶ)

 

現場に到着、ライバルが2人の前に現れる。ライバルはマスクを取り、素顔を見せる。そして、エドワード・クラリスと名乗る。自分を倒す者の名前だと。バリーたちは名前を告げない。ウォリーがバリーの制止を振り切り、ライバルに戦いを挑む。しかし、その勝負に負け、重症を負ってしまう。バリーの前にライバルが立ちふさがる、竜巻を2つ発生させ、攻撃を仕掛ける。バリーはアイリスの言葉に勇気をもらい、竜巻を破壊、ライバルを追い詰める。再び攻撃を仕掛けようとするが、ウエストが発砲。ライバルは倒れる。フラッシュの正体に驚きつつも、ウエストと共にウォリーをスターラボに運ぶ。

 

フラッシュなら怪我が常人より早く回復するはずなのに、回復しない。その状況からバリーは決意する。アイリスと共に両親の元へ。自分の素直な気持ちを話し、別れを告げる。

イオバードの元へ向かう。バリーの口から母親を殺してくれと聞き、ご満悦。記憶が消えていき、倒れそうになるバリー。解放されたイオバードはバリーを抱え、過去へと飛ぶ。

そして、再びあの夜へ。イオバードはバリーの母親を殺し、満足して現代に戻りバリーの前から姿を消す。バリーは家に入る、そこには元気な姿のウォリーが。バリーは思わず抱きしめる。

 

しかし、この現実も以前とは変わってしまっていた。アイリスとウエストの仲が最悪らしいのだ。

 

こちらの世界のクラリスが夜中に目を覚ます。鏡に文字が映し出されていく。呼びかける謎の声の主、その名前はアルケミー

5

■ちょっとした感想

フラッシュポイント、変わった世界のことはあまり話されませんでしたね。バリーはその世界で3ヵ月過ごしたみたいですが。ウォリーがフラッシュになっているとは、さらに敵もスピードスターとは。戻ってきた世界、ウエストとアイリスの関係以外何か変わっていることはあるのでしょうか?この先、バリーを何が待ち受けるのでしょうか、そしておそらく今回の敵だと思われるアルケミーの目的とは?クラリスもスピードスターとして目覚めそうですし、戦いが起こるのでしょう。楽しみですね!

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link