haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ ザ・ディフェンダーズ S1(シーズン1) 第04話の感想 晩餐 

time 2017/08/27

海外ドラマ ザ・ディフェンダーズ S1(シーズン1) 第04話の感想 晩餐 

とある中華料理店、そこへダニーたちは逃げ込む。ダニーは家賃を払うと言って、店の人間を納得させる。(ついでに飯を持ってこさせる)そこで、話される闇の手の話、マットは関わろうとしない。ジェシカはマットがデアデビルと推測、解決したいから協力するように頼む。マットは仕方なく、ストールを取り名乗る。1人で戦っても殺される、この4人が集まったのは、偶然じゃないと前向きなダニー、そこへスティックがやってくる。闇の手の話をする。

 

スティックは語る。自分たちは闇の手と戦っている。アイアンフィストの軍でもあると(全滅したが)ジェシカがついていけないと席を立とうとすると、「黙って座れ」この発言にジェシカはブチ切れて店を出る。ルークが止めようと説得するが、無理だった。話は続く、闇の手はクンルンの者。永遠の命の追及、そして追放される。そして、それぞれの地域を支配していると。マダムガオ、ソワンデそれぞれ因縁のある者たち、そして村上。とても危険な相手たち。戦うのに迷いのないダニー、エレクトラを失った悲しみを知るマットは戦うことに迷いを持つ。

 

ジェシカは調べていた、ミッドランドサークル金融を。会社の役員がずっと同じ人物ということに。レイモンドの奥さんの元に向かうジェシカ、危険だから警備をつけたいと。すでにいるのでは?と。ジェシカはその人物と接触、襲い掛かるその男に対して取り押さえ、レイモンドの家族に危険はないと報告しろと言うジェシカ。その時、無線でダニーたちの居場所がバレたと。ほくそ笑むその男をジェシカは殴り倒す。

 

マットとスティック、エレクトラのことは秘密にしている。記憶がない彼女を救うことはできないというスティックに対して、とどめを刺さなかった彼女に記憶はあるのではと希望を持つマット。そこへ、アレクサンドラがやってくる。アレクサンドラはダニーを勧誘しようとする。仲を深めると、あなたは簡単に破滅すると告げる。大勢の人間を殺すことになると、しかしついてくれば助かると話す。断るダニーに対して、アレクサンドラはエレクトラを呼ぶ。ダニーたちの前に立ちふさがるエレクトラ。しかし、車が外から突撃してきて、エレクトラは吹っ飛ばされる。ジェシカが車を投げ入れたのだった。エレクトラを睨みつけながら、ダニーたちと並ぶジェシカ。再びそろったダニーたちとエレクトラの戦いが始まる。

 

■ちょっとした感想

スティックの命令口調にブチ切れるジェシカ、分かりますwwマットたちはエレクトラを救うことができるのか、そして、新たな闇の手、村上。他のキャラより日本語がうまいww加熱する戦い、どうなるのでしょうか?それにしても、ダニーがすごい変わりましたよね。数話前まで1人で戦うと言っていたのに、4人集まったのは運命だと言わんばかり。エレクトラの関わりで、マットとぶつかりそうですが、大丈夫でしょうか?

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link