haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ アイアン・フィスト S1(シーズン1) 第09話の感想 万の苦痛を知る女

time 2017/08/18

海外ドラマ アイアン・フィスト S1(シーズン1) 第09話の感想 万の苦痛を知る女

死体が遺棄されたいた池(沼?)から、ハロルドが生き返り目覚める。そして、そのまま彷徨い始める。ダニーはガオをコリーンの道場に拘束していた。ガオから事情を聞こうとするが、まったく話にならない。クレアはダニーに会社から自白させるための薬品を取ってくるように頼む。ダニーは会社に向かう最中にジョイに会い、会社の状況をきく。しかし、そんな場合ではないと、ダニーは会社に向かう。ガオはクレアやコリーンに対して、言葉で状況を打破しようと惑わしまくる。ダニーの会社の前には、何か目的があるかのような青年が現れる。

 

ウォードがハロルドの部屋に向かうと、殺したはずのハロルドが迎える。人が変わったかのように、威圧的な態度だったことを謝罪するハロルドにウォードは困惑する。すべてから解放してほしいと頼むウォードに対して、ハロルドはそれを許す。安心するウォードだったが、ジョイを巻き込むかのような発言をハロルドはする。不安を覚えたウォードはヤン家の元に行き、ハロルドの始末を頼もうとするが、闇の手によって体を変えられたからには、逃げるしかないと断られる。ウォードが車に戻ろうとすると、警察が調べていて、車の中からドラッグが発見される。ハロルドの仕業と確信するも、ダニーを閉じ込めていた精神病院へと連れて行かれる。ハロルドが生きていると言っても誰も信じない状況に、精神がおかしいと言われても仕方ない状況にウォードは絶望する。

 

ダニーが戻ってくるちょっと前に、コリーンが倒れてしまう。その原因は中国で戦った際に、負った小さな傷だった。そこからが回ったのだった。戻ってくるダニー、自分なら助けられると話すガオ、そこへ特殊部隊(?)の襲撃が入る。何とか倒すダニーたちだったが、コリーンが危険な状況になる。コリーンは電話で先生に連絡してくれと頼む。しばらくして、先生と呼ばれる男性が到着する。その男性はバクトと名乗り、ダニーがアイアンフィストという存在だということも知っていた。(中国に向かう前に、コリーンと話していましたね)そして、その力を破壊のためでなく、人を癒すための力としても使えることをダニーに伝え、使い方を話す。ダニーは言われるがまま、コリーンの中の毒をアインフィストの力を持って消し去る。しかし、力の使い過ぎで倒れてしまう。次の瞬間、バクトの部下と思われる者たちが道場に入って来て、ダニーとガオを外の車に乗せてします。状況が理解できないクレアに対して、コリーンは任せてとバクトの車に乗ってどこかへ走りさってしまう。そして、謎の青年もそれを見ていた・・・

 

ジョイはウォードの態度が気にかかり、再びハロルドの部屋へ向かう。それをモニター越しに見ていたハロルドは迷いながらもジョイを自分の部屋へと招き入れる。そして、再会。生きていることに困惑するも、ハロルドはジョイを抱きしめる。

 

■ちょっとした感想

今回のマダムガオはとにかく喋ります。めちゃくちゃ喋ります。うっとおしいくらいwwアイアンフィストの破壊以外の力も出てきましたね。コリーンが助かってよかったです。しかし、バクトの目的、コリーンの目的が気になりますね。元からアイアンフィストの力を知っていた?謎の青年の正体も気になります。そして、ハロルド!まさか生き返るとは!ウォードもものすごい絶望を感じたと思います。しかも、解放されるどころか、嵌められてしまうとは。親子として再会したジョイ、彼女の運命はどうなるのでしょうか?

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link