haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ アイアン・フィスト S1(シーズン1) 第03話の感想 うなれ、必殺の拳

time 2017/08/06

海外ドラマ アイアン・フィスト S1(シーズン1) 第03話の感想 うなれ、必殺の拳

夜の道場、侵入者の気配にコリーンが気づく。全員を倒すと、その侵入者はウォードの手の者・シャノンたちだった。ダニーを探しにきたと。ダニーがいることに気づいたコリーンはシャノンを追い返す。ダニーは家賃を払うという契約を結ぶか、生徒(悪ふざけをしていた)に厳しく当たりそれがコリーンに責められ出ていくことに(生徒たちは虐待などされ、ここを安心できる場所にしたいと思っていたため)。ジョイはダニーを本物と認めたが、名前を変え、別の人生を歩んでと、それを聞いたダニーは出ていくことに。ダニーはジェイ・ホガースという弁護士に接触する。彼女は自分のことを詳しくしるダニーを本物と認める。依頼料はなしで、勝った時は顧問弁護士に雇ってほしいと、それをダニーは認める。ダニーは自分の存在を勝ち取る戦いを始める。

 

コリーンの生徒が怪我をしてくる。お金のために賭け試合をしていると、仕方なく。

パテルという男が所有する埠頭を手に入れろとハロルドがウォードに指示する。ジョイはハロルドが死んでいると思っているため、ウォードはジョイに頼む。ジョイはパテルに接触して、病院(クレアの働いていた)に連れて行く。臓器提供をする患者がいるが、パテルの関係者に優先的に回すと話をする。ジョイは埠頭を手に入れる

ダニーは自分の痕跡を手に入れるために病院へ忍び込む。しかし、すでに敵がいて戦いが始まる。ダニーは力を解放して戦うが、火をつけられ逃げられてしまう。

ハロルドの前にマダム・ガオがやってくる。

食事中のウォードとジョイ。ウォードは会社を辞めると決めていた。そこへ、ダニーがやってくる。なぜ自分をそこまで邪険にするのか分からないダニー。兄弟と思っていたのにと話すが、ジョイがダニーを止める。私たちは兄弟じゃないと、邪魔なのと言い切る。ダニーはその言葉を聞き、2人の元を離れる。

コリーンは賭け試合にドラゴンの娘という名前で参加する。途中ピンチになるものの、反撃して相手を倒してお金を手に入れる。

ジェイはダニーをつれて会社へといく。ウォードとジョイが住んでいる元ダニーの家にあった鍵入れ、それはダニーが子供の頃に作ったものだった。そして、それにはサインがあり、その横にはダニーの指紋があった。ダニーは本物と判断された。その後のことは裁判ということになった。帰り際、ウォードが怪しい電話をしていたのをダニーは聞いていた。

ウォードは父親に会いに行く。それを尾行するダニー。ダニーは途中からビルの外側から登り、中へと侵入しようとするが、中から誰かがやってきてダニーを突き落とす

 

■ちょっとした感想

ジェシカ・ジョーンズに出てきた弁護士ホーガス、デアデビルに出てきたマダム・ガオ、クレアの働いていた病院と色々出てきますね。ダニーが自分の会社を取り戻すことはできるのでしょうか?

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link