haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ デアデビル S2(シーズン2) 第13話(最終話)の感想 地獄にも降る静寂

time 2017/07/09

海外ドラマ デアデビル S2(シーズン2) 第13話(最終話)の感想 地獄にも降る静寂

ヤクザのアジト。石の棺を前にノブと女性の部下がいた。リストを持ちながら「ターゲットは20人、どうしますか?」とノブに問う。「全員だ」とノブは答える。

 

フォギーは元カノの紹介によりとある弁護士事務所のボスと話していた。臨機応変な弁護士が必要ということで、スカウトを受けることに。その報酬にフォギーは受けることに。カレンは記事を一文字も書くことができなかったが、エリクソンから君しか書けない記事を書けと諭され、情報を収集に出かける。フランクは自分の家にいた。手に持つ新聞記事には、フランク死亡の文字。倉庫へ向かい、警察無線をつける。そして、手に入れた防弾チョッキにスプレーで塗装する。

 

マットの部屋。縛られて治療されているスティック。エレクトラを殺すべきというスティックの話をマットは聞かない。屋上で佇んでいるエレクトラにマットは話しかける。ノブには奇妙な噂がある。3回生き返り、犯罪歴も数十年存在すると。弱気なエレクトラに対して、蛇の頭であるノブを倒そうと話す。やる気になったエレクトラと共に準備するマットだったが、出発の直前、フォギーから電話がかかってくる。ブレットが襲われたと。資料が盗まれたと、それはデアデビルのものだった。警察署にいた負傷したブレットに会いに行き事情を聞く。あまり情報はないはずだったが、デアデビルが刑務所に送り込んだ犯罪者と救われた民間人のリストが盗まれたと。マットは嫌な予感がしてカレンの部屋へ向かう。着いた時には、部屋は荒らされていた。そして、そこには刀傷が。

 

ヤクザがバスを運転している。そして、中にはカレンを含めた人質が多くいた。マットは屋上で街中の音を聞いていた。ビルの雑音などから、上手く聞き取れなかったが、エレクトラから集中してと言われ、再び試みる。バスの中に足に発信機を付けた犯罪者がいてい警察にその位置情報は伝わっていた。ヤクザの事務所に到着、無線で発信機を追ってきた警察がいたが、忍者の襲撃により死亡。無線で応援を読んでいた、そしてその無線はマットの耳にも入っていた。マットとエレクトラは現場に到着。ノブだけを狙うべき、あれは罠だというエレクトラに対して、マットは自分が巻き込んだから救うべきと話し、一人突入を始める。

 

ビルの中の人質と忍者たち。足の発信機に気づいた忍者が、その犯罪者の足を切りとろうとする。そこへ、マットが突入。忍者をなぎ倒して、人質を全員逃がす。残っていた忍者がマットに襲い掛かるが、エレクトラは暇だからと助けに来る。人質を逃がし、上へと逃げるマットとエレクトラ。屋上へと続く部屋に鍵をかけ、状況が絶望だということを悟る。震えるエレクトラにマットは話しかける。もし生き延びれたら、君の行く所について行っていいかと聞く。冗談よね?と聞くが、本気だと答える。自分の生き方を変えることはできないと。これは終了ではなく、始まりにしようと。

 

戦って生き残る決意をした2人。屋上へと出る。2人の前には大勢の忍者。戦おうとするが、ノブが忍者の攻撃を止めさせる。エレクトラを引き渡さないデアデビルにノブは襲い掛かる。エレクトラも参戦しようとするが、それは忍者に阻まれる。デアデビルとノブ、エレクトラと忍者の戦いが始まる。エレクトラが忍者を倒して、ノブに襲い掛かる。しかし、ノブが圧倒する。マットに止めを刺そうとするノブ、エレクトラが庇って刺されてしまう。マットはエレクトラを抱えて話しかける。しかし、エレクトラは目を閉じてしまう。

 

死んでしまったエレクトラ。ノブは忍者たちにマットの殺害を命じて、その場を離れようとする。マットはエレクトラの遺体を置いてノブを倒そうと歩み出す。忍者が邪魔をしようとするが、銃撃が忍者を襲う。その銃撃はフランクによるものだった。フランクの援護を受け、ノブと戦うマット。攻撃により、ノブはビルの屋上から落下する。ビルの下では警察がすでに到着しており、人質は守られていた。マットはエレクトラの遺体の下でかがみこみ、彼女を見つめていた。ビルから落下したノブはなんと目を覚ます。しかし、スティックが首をはね、とどめを刺す。

 

エレクトラの遺体が埋められた墓地にスティックとマットはいた。「 愛に価値はあったか? 」と問うスティックに対してマットは「 2人で過ごした時間は短かったが・・・価値はある 」と答える。

 

フォギーは別の弁護士事務所に。カレンは新聞記者に。フランクは自分の家に火をつけ戻らない決心をする。それぞれ別の道を歩む。マットは事務所にカレンを呼び出していた。見てもらいたいものがあると、それはデアデビルのマスクだった。「 僕がデアデビルだ 」カレンはその事実に驚愕する。

 

エレクトラが眠る墓地。しかし、遺体は掘り起こされていた。そして、ヤクザの元に運ばれ、蘇生と書かれた石の棺に入れられていた。そして、蓋は閉められる・・・

 

■ちょっとした感想

終わりましたね、パニッシャーから始まったこの事件も。ノブにフィスクとシーズン1の人も出てきましたね。マットは救われませんね、エレクトラは死んで、カレンとフォギーは彼の元を去り、それでも彼は戦い続けるんでしょうね。正体を明かしたマット、カレンはその後、どうするんでしょうか?棺に入れられたエレクトラ、蘇生と書いてあるから蘇るのでしょうか。ブラックスカイという兵器は一体どんなものなんでしょうか?フォギーの行く事務所は、ジェシカ・ジョーンズにも出てきましたよね。マットとジェシカの出会うのが楽しみですね。フランク自身も海兵隊の時に何かあったみたいです。大佐を殺した時の言葉、家にあった謎のディスク、シーズン3で再び出てくるでしょう、それも待ち遠しいですね。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link