haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ デアデビル S2(シーズン2) 第11話の感想 38口径

time 2017/07/06

海外ドラマ デアデビル S2(シーズン2) 第11話の感想 38口径

病院に忍者が襲撃をしてくる。クレアは警備員を連れて子供たちの所に戻ってくるが、そこへ複数の忍者が。警備員と同僚が殺されてしまい、クレアも襲われるが、マットが何とか到着して助ける。しかし、その隙をついて子供たちは攫われてしまう。マットも追跡するが、逃げられてしまう。

 

警察署にカレン。ブレットに何も見ていないと告げる。外に出るとマットがいるが、事情を話そうとしない。フランクに助けられたと、そしてあなたには関係ない。守らなくていいと告げる。警察にホテルに送ってもらうが、警察の目を盗み抜け出す。駐車場にカレンの車、乗り込むと昔の同僚が好きだった音楽が流れていて、助手席にはフランクがいた。ブラックスミスを探しに移動する。マットはタワー検事補にブラックスミスの情報を求める。レイエスは情報のないブラックスミスではなく、そのライバルについて調べていたと話す。そのライバルのいる住所を聞き、マットはそこへ向かう。

 

フランクとカレンはカフェにいた。緊張を隠せないカレンにフランクは話しかける。弁護士とはどうなんだ?と。マットは人を、人の心を傷つけると。フランクは言う。傷つけるのは、自分に近い人だからだと。妻も自分をずたずたに傷つけてきた、でもそれは大切な痛みなんだと。そんな話をしていると、唐突に店員と奥へ隠れてろと指示するフランク。カレンを囮にしていたのだった。カフェに襲撃者が訪れる。戦いの音を奥の厨房で怯えて聞いているカレン、フランクは襲撃者2人を殺して情報を得る。ブラックスミスは埠頭にいると。警察に保護してもらえ、2度と俺に関わるなと伝え、埠頭へ向かう。

 

マットもまたブラックスミスを追っていた。ブラックスミスのライバルがいるところはチャイナタウンだった。教えられた場所にいたのは、マダム・ガオだった。ブラックスミスはマダム・ガオにとっても邪魔な存在だった。ガオは埠頭にブラックスミスの取引のブツがあると伝える。マットもまた埠頭へ向かうことに。

 

襲撃のあったカレンの病院。大金が振り込まれていて、今回の襲撃はなかったことに。カレンは呆れて病院をやめる。

 

埠頭に到着するマット。すでに戦闘は始まっていた。音のする方に向かう。その先にはフランクがいた。ブラックスミスが乗っているであろう船にガソリンをまきながら、ブラックスミスを名を叫び続ける。船から一人出てきて、フランクに銃を撃つ。フランクは応戦して、追い込む。止めを刺そうとすると、マットは到着してそいつはブラックスミスじゃないと告げる。本人もブラックスミスと名乗るのだが。フランクはマットに邪魔をするなと叫びつつ、止めをさそうとする。しかし、マットがそれを妨害する。フランクは邪魔をされて苛立ち、ブラックスミスを気絶させ、マットに殴りかかる。マットも応戦してフランクを壁に押し付ける。

 

法律で裁くつもりなのか?しかし、俺はブラックスミスを殺すとフランクは言う。揺るがない決心にマットは、胸で十字架をきり「 今回はお前のやり方の方がいい 」告げる。驚くフランク。逆にマットを心配する。「 一線を越えると、もう戻れないぞ 」と。

 

そこへブラックスミスの部下たちがやってくる。フランクはとっさにマットを船から押し落とす。敵の銃撃が始まる、それによってガソリンに引火、船は大爆発を起こしてしまう

 

スティックの部下2人が外へ出て車に乗り込むとエレクトラの襲撃が。部下2人はやられ、エレクトラはスティックの元へ。

カレンとブレットは爆発して炎上している船の元へやってきていて、その悲惨な光景を眺めていた。何とか生き延びたマットはカレンの存在を確認しながらも、その場を離れる。

ノブの元にいたダニエルたち子供たちは、進んで自分の血をささげていた。一定量に達したのか、ノブは言う。「準備は整った

 

マットは部屋で街の音を聞いていた。車の音、こちらへ向かってくる?マットは外へ出る。マットのアパートの入り口の近くの車に衝突。中の人間の様子を見て、マットは付近の住人に救急車を頼む。中の人間はスティックの部下だった。それを知らないマットだったが、かろうじて生きていた部下の1人が告げる。エレクトラがスティックを見つけたと

 

■ちょっとした感想

フランクの戦いはどうなるのでしょうか?追い詰めた男がブラックスミスではないと。では、誰なんでしょうか?フランクの目的は達せられるのでしょうか?エレクトラとスティックは戦うでしょう、マットはどうするのでしょうか?そして、ノブたちの目的も怖いですよね。

 

 

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link