haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ デアデビル S2(シーズン2) 第08話の感想 罪深き罪

time 2017/07/02

海外ドラマ デアデビル S2(シーズン2) 第08話の感想 罪深き罪

巨大な穴に立ち尽くす2人。そこへ、ヤクザではなく忍者の襲撃。気配のない相手に手こずるマット。エレクトラが敵を倒し、止めをさそうとする。マットの言葉に動きを止めるエレクトラ、しかしその隙をついてエレクトラは刀で腹を引き裂かれる。ショックを受けるマット、敵の攻撃を受けてしまう。ピンチになりかけた時、スティックがやってきて、敵を全滅させる。エレクトラを助けるため、外に止めてあった車で脱出する。運転席にはスティックの仲間がいた。ボウガンで敵をけん制しつつ、何とか逃げ出す。しかし、一人の忍者が去っていく車を睨みつけていた。

 

マットの部屋。忍者の刀には毒が塗られていた。しかし、スティックの荒療治何とか助かる。スティックの話からマットはエレクトラとスティックが知り合いだと理解する。

裁判では、フランクをよくしる海兵隊大佐が証言をしていた。フランクは他人を守るためなら、喜んで命を差し出す人間だと。マットはエレクトラを診ているため、裁判には来ていなかった。

 

マットはスティックにエレクトラとの関係を問いただす。スティックは自分たちが探している物があると話す。それは昔からあるものだと。ある田舎にいたならず者集団がある秘伝を見つける。それは不死だった。死人を蘇らせるものだと。ならず者たちは勢力を増し、アジアへと広がり 闇の手 と名乗るようになった。ある村を襲った時に、その村の子供が闇の手の兵士たちを全滅させる。その子供はチェイストと名付けられる。チェイストは大人になり、仲間を集めだした。闇の手と戦うために。闇の手の目的はブラック・スカイという誰も起動したことがない兵器らしい。マットはチェイストがスティックであると考えるが、エレクトラを巻き込んでいることに納得いかない。スティックは言う。「 ようこそ、俺の世界へ 」この街が戦争の中心で、穴は始まりに過ぎないと話す。

 

裁判ではフランクの脳のダメージについて話されていた。しかし、傍聴席にい父親を殺された少年の叫びに、状況が変わる。フランクが証言台に立ち、話してほしいとカレンが説得して、それにフランクは納得する。そのことをフォギーに告げる。尋問はマットがするべきと言う。前の裁判、今回の裁判に来なかったマットを頼るのはどうかと話すが、得意な方がした方がいいと、カレンは渋々納得して、マットにそれを告げに行く。

 

エレクトラが目を覚ます。側にマットがいた。マットを取り戻すため、スティックと訓練をしたと話す。エレクトラを失いたくないとマットは言う。スティックから離れ、共に戦おうと誘う。殺さずに。一緒にいてくれと。優しいマットに、エレクトラはマットの中の光を消したくないと。そこへ、カレンがやってくる。スティックがいたものの、ベッドに2人きりの状況を見て動揺し、フランクが証言台に立つから、尋問をしてと告げ、その場から離れて出て行ってしまう。

 

再び裁判。カレンは露骨にマットを避ける。フォギーに対して「僕の力が必要?」と問う。それに対してフォギーは「勘違いするなよ。フランクと同じくらいイカレテいるからだ」と。

 

フランクが連れてこられる。証言台の前に立つ際に、連れてきた警官に「自分の望みを考えろ」と小声で話す。マットはそれを聞き逃さなかったが、当初の通りマットは尋問することに。彼が街に必要だと。陪審員の心が揺れたのだが、フランクの発現でその場が凍り付く。「 これは始まりだ。俺は狂ってはいない 」と。奥へと連れて行かれるフランク。裁判は終わりを告げた。裁判に負けた。フォギーは良かったと話し、マットの元を去る。カレンもまたマットの言い分を聞かずに、街に必要なのはあなたじゃないと告げ、フォギーを追う。

 

エレクトラはスティックにマットと共にいたいと告げる。スティックは呆れてマットの部屋を出て、再び仲間を探し始める。スティックが去ったあとに、マットが帰ってくる。エレクトラはスティックとは離れ、自分で選んだと。マットと共にいることを選んだと話す。微笑むマット。裁判も裁判以外もダメだったけど、君がいる。しかし、そこにスティックを尾行していた忍者の襲撃が。エレクトラも加勢しつつ、マットはその忍者を倒す。心音を聞いて相手がまだ子供だということに気づく。エレクトラがやってきて喉を掻っ切る。躊躇なく命を奪うエレクトラに驚愕しつつ、さらに忍者の毒にやられていて、マットは倒れてしまう

 

刑務所内を歩くフランク。告げ口をした警官がフランクを連れて行った場所、そこに一人の男がいた。「 メッセージは届いたな 」そうフランクに話しかけた男はフィスクだった。

 

■ちょっとした感想

もう事務所は完全に終了なんでしょうか?うまくはいかないですね。スティックが話したことは、結構スケールがでかいですね。マットもいずれは闇の手と戦うのでしょうか?彼らが探している兵器・ブラックスカイってシーズン1に出てきた子供でしたっけ?フランクと接触したフィスク、この街はどうなっていくのでしょうか?話がさらに盛り上がってきましたね。フォギーとマットの関係がどうなるのか楽しみですね。普通ならフォギーが折れるんでしょうが、今回はガチキレでしたから。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link