haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

映画『シン・ゴジラ』の感想 街を破壊し進撃する巨大生物に対し、立ち向かう日本政府

time 2017/04/16

映画『シン・ゴジラ』の感想 街を破壊し進撃する巨大生物に対し、立ち向かう日本政府

日本に突如現れた巨大な生物・ゴジラ。街を破壊しながら、進撃する生物に対して日本はどう対処するのか?

2

私個人としては、面白かったです。巨大な生物に対して、諦めずに立ち向かうという構図が私は好きなんですよね。ゴジラが第4形態まであるのもびっくりでした。タイミングが合わなくて、映画館では見ていなかったのですが、模型雑誌を読んでいる時にその形態が目に入ってしまいました。やっちまいました。第2、3と目が本当に気持ち悪かったですね。

 

本当に多くの俳優さんが出ていましたね。小出恵介さんが、ほんのちょっとの時間出てたのが、記憶に残っています。(出ていましたよね・・・?)石原さとみさんは、綺麗だなって思いました。声が気聞きづらい人がいたのが、残念でした。セリフが早口だったという、レビューが多くありました、私自身も見ていてそう思ったのですが、そういう指示だったみたいですね。

6

「 仕事ですから 」 このセリフがめちゃくちゃ格好良かったです。

 

街を破壊しながら、夜の空間にたたずむゴジラ。ものすごく不気味でしたね。さらに、アメリカの爆撃機の攻撃に対して反撃するゴジラの覚醒はびっくりしました。

4

 

ツッコミ所があるのは、仕方ないですよね。ゴジラの口に凝血剤を投入するのに、都合よくいい場所に倒れるゴジラww

 

そして、最後に映し出されるゴジラの尻尾の先端部分。本編中にゴジラの増殖の話が出ていましたが、それを表しているのでしょうか?しかし、明らかに人間の形をしているのがいくつも見られます。監督の他の作品と関係しているとかしていないとか。気になりますよねww

1

でも、全体的に私は好きな映画でした。すべてを残念ながら理解はしてはいませんが、面白かったです。続編はものすごく難しいと思いますが、こういう映画もまたあるといいですね。クローバーフィールドみたいな映画も見てみたいですね、日本人視点で。ハリウッドでは、ゴジラの続編やキングコング、さらにはゴジラとキングコングの対決ものなどの映画も決まっています。キングコングはもう公開していますが。それらも楽しみですね。

5

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link