haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ ジェシカ・ジョーンズ S1 第13話(最終回) 洗脳者

time 2017/03/26

海外ドラマ ジェシカ・ジョーンズ S1 第13話(最終回) 洗脳者

ルークを病院へ運ぶ。ベッドに寝かされるルーク、怪我はないが意識が戻らない。看護師が注射を刺そうとするが、まったく刺さらない。看護師が代わりクレアという看護師が再び刺そうとするが、無理。医師が頭部を切開しようと電動丸鋸をしようするが、火花が散る。ルークが能力者と分かると、医院長などと話し合ってくるとその場を離れる。ジェシカはクレアに手伝ってもらい、ルークを病院から逃がす。その途中、キルグレイブからの伝言を聞く。ジェシカは囮となって、キルグレイブを探す。医院放送で操られる医師や患者は、ジェシカを見つけて襲いだす。なんとか逃げ切って、事務所に戻る。

7172

事務所のベッドに寝かされるルーク。ジェシカが戻ってきた時に、発作らしきものが起こり、ルークが痙攣を起こす。脳脊髄液を抜き出すというクレアに対して、ジェシカは無敵の肌というのを伝える。それを聞いたクレアは注射針を視神経に沿って刺すと。ジェシカが押さえつけ、クレアが注射。なんとか液を抜き出し、痙攣は収まる。落ち着く2人。能力者の友達がいるというクレアは彼(デアデビル)に手伝ってもらうかと聞くが、ジェシカは断った。病院へ戻ろうとするクレアに無理やり、ルークの側にいて欲しいと頼み、クレアは了承する。

73

あるマンションの一室。キルグレイブは焦っていた。クスリを全部使用するとどうなるのか?アルバートの答えは40%の確率で強化、60%の確率で死ぬと告げる。少し迷うキルグレイブだったが、全部打てと命令する。ジェシカへの想いは、さらに歪んでいった。

 

ジェシカはトリシュと合流。キルグレイブの居場所を突き止める。操られた時のことを考えて、合言葉を考える。ジェシカが言わなさそうなことにしてと頼むトリシュ、それに対しての合言葉は「愛している」だった。部屋へ侵入するジェシカ。部屋の住人は一人死亡、もう一人は誰かの腕をキッチンの粉砕機にいれていた。血まみれの住人の行動をやめさせ、押し入れに閉じ込める。そして、その先には、両腕を切り落とされ倒れているアルバートがいた。近づくと、アルバートは目を覚まし、能力の強化が成功したことをつげ、絶命する。

74

トリシュを呼んで、2人で部屋の探索。能力の増強に使用されたのはホープの子。つまりキルグレイブの子供の遺体だった。そして、部屋にはあからさに目立つように写真が置かれていた。部屋の住人が写っている船着き場の写真だった。それはキルグレイブからのメッセージ。「 来い 」と。

 

■決戦

船着き場へと続く建物。キルグレイブがいる。彼の前から歩いている女性、フードで顔を隠し、音楽を大音量で聞いている。彼女を囲むように、警備隊が銃を向け近づいてくる。フードを取ると、その女性はトリシュだった。驚くキルグレイブ。その隙を突いて上からキルグレイブの前まで飛ぶジェシカ。キルグレイブは急いで逃げる。トリシュも追いかける。警備隊が銃を撃ち続けるが、逃げ切る。船着き場、ジェシカとトリシュの前には何人もの人間がいた。一般市民から工事現場の作業員まで。トリシュは身を隠す。ジェシカの姿を確認したキルグレイブは、彼女を襲わせるのではなく、「 互いに殺し合え 」と命令する。ジェシカは自分とキルグレイブの間で殺し合っている人間をどかし、投げ飛ばし、キルグレイブに近づく。トリシュは殺し合っている人間たちを止めようと間に入る。その際に、音を遮るヘッドフォンが取れてしまう。

75 76 77

■最期

近づくジェシカに対して、キルグレイブは大声で「 止まれ 」と命令する。すると、全員が、ジェシカを含めた全員が動きを止めた。能力が効いたのか、罠なのか、戸惑うキルグレイブ。トリシュを操り、自分の元へと向かわせる。そして、本気のキスをさせる。それでも、動かないジェシカ。能力が効いていると確信したキルグレイブは、ジェシカに近づく。「笑顔で」「愛していると言え」と命令する。

 

「 愛している 」

 

その言葉はキルグレイブにではなく、トリシュに向けられて発せられた。意味が分からないという表情のキルグレイブ、笑顔のジェシカ。次の瞬間、ジェシカはキルグレイブの首をひねり、殺害する。

78 79 80

■その後

ルークは目覚める。クレアから事情を聞く。「ジェシカは逮捕された」と。彼女が水を取りに行っている間にルークは姿を消す。

 

ジュリがジェシカの弁護をする。キルグレイブは罪悪感に負けて、自殺したという結末に至った。

 

トリシュが家に戻ると、部屋には段ボールが一箱。中には、IGHの資料が母親から届いていた。

 

事務所に戻るジェシカ。マルコムが部屋で料理をしていた。そして、彼女の元には依頼者の留守電が数多く残っていた。

 

そして、さらに彼女の元に依頼者からであろう電話がかかってくる。電話を取る気になれないジェシカだったが、側に来たマルコムがその電話を取る。彼女の探偵の仕事は続くのだろう。

 

■ちょっとした感想

終わりましたね、キルグレイブとの戦いが。ヒーローとして、殺しをするというのは珍しいですね。捕まえようとしていたのに、最後は殺す、その方法しかなかったんでしょうね。シンプソンのその後も謎ですし、IGHという会社の謎のままですし、ジェシカ・ジョーンズの第2シーズンも決定しているので、その時に明かされるのでしょう。看護師のクレアが出てきましたね。デアデビルにも出てきました、他のシリーズにもでてくるそうですが、こういうのは嬉しいですよね。、デアデビルや他のヒーローたちとのコラボもありますし、マーベルのドラマシリーズの楽しみは終わりませんね!

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link