haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ ジェシカ・ジョーンズ S1 第12話 最悪の洗脳

time 2017/03/26

海外ドラマ ジェシカ・ジョーンズ S1 第12話 最悪の洗脳

爆発現場を離れる2人。ルークから事情を聞く。ジェシカを尾行して、キルグレイブを発見。殺そうと近づくが、洗脳されてしまう。状況を聞かれ、ジェシカとの関係も聞かれてしまう。皮膚のことはバレていないみたいだ。

61

事務所に戻る2人。ジェシカを信じずに、近づいたことを謝罪する。洗脳の効果のことも考え、ルークはベッドで眠ることに。シンプソンの死体(?)が消えていることに気づく。朝、トリシュから連絡。コズロフがIGHという所から、やってきたという情報をトリシュが得る。しかし、キルグレイブの件で手一杯というジェシカは、とりあえずトリシュとの会話をきる。母親がやってきて、お見舞いにきたと、すぐ帰るが(人気をだすために、両親のいなくなったジェシカを引き取ったり、人気のために言うことを聞かないトリシュに虐待などをしていたり、トリシュとは仲が悪い)

 

ルークはジェシカを手伝うという。断ろうとするが、キルグレイブの死を見届けると。ルークがキルグレイブがどう動くのかを聞くと、能力を強化しようとするだろうと。アルバートの部屋へ行き、実験で使われたであろう薬を発見する。その薬から研究所を見つけ、ルークと共に監視する。ルークはその際にジェシカに話す。自分を許せないジェシカに対して「 君を許そう、何もかも。必要なら毎日でも言ってやる 」と。その言葉にジェシカは安堵する。

62

トリシュの病室に再び母親がやってくる。ジェシカとの会話が聞こえていたみたいで、IGHの資料を持ってくる。なぜ家にあったのか?ジェシカの治療費を出していたりする慈善事業の会社らしかった。この資料を持ってきた理由は?その見返りはと聞くと、親子の関係を築きたいということだった。

 

研究所から薬を運ぶ人物を見つける。ルークはその場に待機して、ジェシカはその男を尾行する。しかし、その男は公園の真ん中で自殺。その男が持っていたカバンの中は空だった。証拠がなくなった2人は事務所に戻る。事務所にはトリシュがやってきていた。ルークとの関係をみて、嬉しくなったようだ。そして、IGHの資料はまた見せるといって帰る。

 

■能力の強化

キルグレイブの能力は少しだけ増大する。ネットに劇場でキルグレイブが実験をしていて、遭遇した人のインタビューが流れる。その劇場にルークと共に向かう。そこのオーナーに、監視カメラを見せてもらうように頼む。キルグレイブの姿を発見する、しかし、それはリアルタイムの映像だった。2階のオーナーの部屋から、劇場を見るとキルグレイブがいた。オーナーとルークを逃がすジェシカはキルグレイブの目の前に立つ。

63

■最悪の洗脳

能力は効かないし、捕まえるというジェシカ。そこで、キルグレイブは言う。「 君を許そう、何もかも。必要なら毎日言ってやる 」その言葉はルークから聞いた言葉だった。そして、ジェシカの前に、操られたルークが立ちふさがる。「彼女を殺せ」、逃げるキルグレイブ、襲い掛かるルーク。何とかルークを倒すジェシカ、キルグレイブを追い劇場の外へ出る。そこへ、警官がパトカーで駆けつける。しかし、ルークが再び出てきて、警官を倒してしまう。その後、ジェシカにも襲い掛かる。押さえ込まれるジェシカ、なんとかパトカーからショットガンを手に取り、ルークの顎部分に当てる。「やるべきことをやるんだ」、そういうルークをジェシカは・・・撃つ。ルークは倒れ、ジェシカは泣き叫ぶ。

64

■ちょっとした感想

ルークが操られるとは最悪ですね。しかも、ジェシカは超近距離で撃ってしまうとう事態に。肌は無敵でも、脳が揺れたのでしょうか、倒れましたね。死にはしないと思うのですが、安否が気になりますね。またもや、キルグレイブに逃げられましたね、いつ追い詰めるのでしょうか?今回は逃げ切って、次のシーズンで決着をつけるとかでしょうか?

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link