haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ ジェシカ・ジョーンズ S1 第5話 隣人の解放

time 2017/03/18

海外ドラマ ジェシカ・ジョーンズ S1 第5話 隣人の解放

マルコムを尾行するジェシカ。ある程度の位置まで来ると止まるマルコム。キル・グレイブは通行人を操り、待ち合わせ場所をマルコムに知らせる。その場所は毎回変わるみたいだ。マルコムは写真を渡し、現金をもらっていた。

1

トリシュはシンプソンと関係を持つ。そして、トリシュに押される形で、ジェシカはシンプソンに手伝ってもらうことに。その際に、シンプソンは元軍人で、車の手配、捕まえた後の監禁場所まで手配してくれる。

 

作戦が開始される。シンプソンが近づいて、キルグレイブを狙撃する段取り。近づくトンプソンだったが、風船売りの風船が割れて、キルグレイブが警戒してしまう。失敗すると思ったジェシカは、キルグレイブの前に現れ気を引く。びっくりするキルグレイブ。その隙をついて、シンプソンがキルグレイブを麻酔銃で眠らせる

2

■作戦は成功・・・?

眠るキルグレイブ。ジェシカが担ぎ、トリシュが運転する車に向かおうとする。しかし、謎の男たちが邪魔をする。それを振りほどき、キルグレイブを車に乗せて、その場を去る。監禁場所に到着するが、先ほどの男たちが再び襲撃。トリシュはスタンガンで気絶させられ、シンプソンもジェシカも戦うが、相手の数が多すぎてキルグレイブを連れ去られてしまう。手下一人だけ、置いていかれていた。

3

その男を尋問すると、操られてはいないようだった。警備会社の人間だった。ジェシカは推測する。力を失った時のことを考えて、雇っていたのだと。

 

■マルコム

マルコムの部屋に売人がいた。ジェシカたちの襲撃により、現金をもらい損ねたマルコムは、売人に現金を払えない。ジェシカは売人を追い出し、自分の部屋の浴室にマルコムを手錠でつなぐ。「俺を二度は救えない」とぼやくマルコム。過去に襲われていたマルコムを助けたジェシカ。二人に襲われていたマルコムを、ジェシカは軽く倒していた。その際に、キルグレイブと出会ってしまっていた。

 

 

ジェシカはマルコムに話す。操らていた頃も、心の片隅であいつと戦っていたと。そして、洗脳が解けた今でも、戦っていると。自分のせいで、誰かが死ぬと私の負けだと。そして、マルコムを見ていう。「一度くらい、私を助けてよ」。「よく考えて」と、マルコムに薬を渡す。

4 5

■目覚め

目を覚ますキルグレイブ。ジェシカに電話を掛ける。マルコムには手を出さないから、写真を毎日届けてくれとジェシカに提案する。ジェシカはキルグレイブと何も話さずに電話を切る。

浴室に向かうと、薬を捨てて眠っているマルコムがいた。その姿を見たジェシカは、キルグレイブに写メを送る。

6 7

刑務所。ホープは他の囚人に暴行を受けていた。

 

■ちょっとした感想

作戦は上手くいくと思ったのですが、ダメでしたね。本当に用心深い。マルコムは強力な味方になり・・・どうなんですかね?シンプソンは強力な仲間ですね。頼りになります。トリシュの男という理由から、ジェシカと仲良くはできていないですが、この後、どう動くのだろうか。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link