haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ ジェシカ・ジョーンズ S1 第2話の感想 話せないこと

time 2017/03/12

海外ドラマ ジェシカ・ジョーンズ S1 第2話の感想 話せないこと

警察署で事情を聞かれるジェシカ。ルークの写真も見られてしまう。聞けることがないとジェシカを釈放する警察。ジェシカはルークの元へ向かう。すでに警察が来ていて、事情を聞かれる。ジェシカはルークに不倫調査で調べていたと話す。ルークと一緒にいた女性・ジーナは、既婚だったと。ジェシカはルークに「2度と近づくな」と言われてしまう。

 

刑務所にいるホープ、ジェシカはキル・グレイブの情報を何とか聞こうとする。キル・グレイブは怪我をしていて、ジェシカに同じ苦しみを味合わせたいみたいだった。ホープは言う「あなたのせい。自殺すればいいのに」と。弁護士事務所のジュリにホープを助けてと頼むが、操られたというのを信じるのは無理と話を取り合わない。どうしてもと言うなら、照明してと言う。

12

過去の映像。キル・グレイブはバスが激突?新聞の記事、レヴァ・コナーズ死亡。レヴァ・コナーズの写真。それは、ルークの部屋にあった女性の写真と同一人物だった。ジェシカはそれを知っていた?

21

ジェシカはキル・グレイブが死んだと思っていたが、実際は違っていた。その日の病院での記録を探す。その日になぜかいなくなった救命士・ジャックがいた。彼の所在を追うジェシカ。彼の家にいくと、母親と脳卒中が原因で車いすに座り、機械に繋がれているジャックがいた。ジェシカはその機械を調べる。すると、ジャックが話せないが、メモ帳に何か書いてジェシカに伝えようとする。その内容は・・・「僕を殺して」。ジェシカは何もできずに、その家から離れる。

13 14

■勘違いの腹いせ

事務所に戻るジェシカ。そこへ、ジーナが現れる。(ルークに会いにいくが、人妻というのが、バレていて、関係を断たれる)夫からの浮気調査は嘘だったということ。そして、夫が同僚のラグビー仲間を連れて、ルークの店に襲撃に行くと。

 

ジェシカは急いでルークの店に向かう。乱闘は始まり、ジェシカも加勢する。片手で男を投げ飛ばすジェシカを見て驚くルーク。ルークはルークで、次々と男を倒していく。ジェシカを見て驚いているところに、欠けたグラスで首を刺される。それを見て驚くジェシカ、そして刺した男。グラスは刺さっていなかった。ルークはそのまま、男を倒して、店に近づくなと放り出す。そして、加勢に来たジェシカにも「出ていけ」と言い放つ。

15

■真相を知るもの

ジャックに高い機械をレンタルしていたのは、デビット・クラタ博士という人物だった。ジェシカは彼が講義をしている大学に向かう。しかし、デビットはジェシカを見て、逃げ出す。地下で追い詰めるジェシカ。そこで、デビットから話を聞くことに。死亡と嘘を通したのも彼だった。ジャックの臓器をキル・グレイブに移植したと。持って数年の命だと。ジェシカは言う、奴を捕まえるのに協力してほしいと。そのまま、ジュリと電話で話させる。

16

■それぞれ

キル・グレイブがある家庭を乗っ取る。言葉だけで、彼らはキル・グレイブの言うことを聞いていく。洗脳、どうやらそれが彼の力のようだった。

 

ジェシカの事務所。ルークが忍び込んでいた。そして、話す。自分は普通じゃないと、そして、君も。ルークは近くにあったノコギリ(ドアの修理のためにあった?)を、作動させ自分の腹に当てる。しかし、血などは吹き出ずに、傷一つすらつかなかった

17

■ちょっとした感想

キル・グレイブのあったバスの衝突、レヴァ・コナーズの死亡。どう繋がるのでしょうか。ルークも能力を持っていましたね。傷がつかない体。彼もジェシカとキル・グレイブの戦いに巻き込まれるのでしょうか?ルークが操られたら、絶体絶命ではないのでしょうか?

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link