haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ ジェシカ・ジョーンズ S1 第1話 生きていた悪意

time 2017/03/12

海外ドラマ ジェシカ・ジョーンズ S1 第1話 生きていた悪意

ジェシカ・ジョーンズは探偵として仕事をしている。(法律事務所から仕事をもらったりもしている)眠れない時は、ある人物の写真を撮っていた。その男性は、他の女性と夜を共にしていた。写真を撮る場所は壁際の階段。誰にも見られていないのを、確認してからジャンプで飛び上がっていた。すごいジャンプ力

01

ジェシカは幻覚を見る。過去のトラウマだろうか。朝は上の階での騒音、同じ階のヤク中の知り合いマルコム

3

ジェシカの元に依頼者がやってくる。バーバラとボブの夫婦。警察からの紹介できたと。仕事の内容は、ホープという娘の捜索だった。陸上で成績を残している彼女だが、突然の休学をしたと。ジェシカは彼女の友人から情報を得る。

4

夜の街。ある男はバーで仕事をしていた。中を覗いていたジェシカだが、その男・ルークから直接声をかけられ、店に入る。そして、そのまま一夜を共にする。ルークの部屋の洗面所を借りるジェシカ、そこである女性の写真を見つける。その写真を見て、ジェシカは帰る。

5

ホープのクレジットカードの使用履歴からの情報を探る。彼女の友人からは、おそらく男だろうと。何にお金を使用したのか。下着や高級な焼肉屋。ジェシカはその店を知っていた。店員の情報は不可思議なものだった。ホープといた男の言う通りになぜかしてしまったと。(お客がいるのに、無理やりどかせる。高級ワインを無料で出すなど)ジェシカはホープの行動を、自分もしていたことに気づく。下着、高級レストラン、そしてそれはホープが失踪してから約1ヵ月。その意味とは・・・

 

■依頼者の嘘

夫婦は警察からの紹介で来たと言っていたが、それはウソだった。夫婦の会話を聞いていた男が、ジェシカを紹介したのが本当だった。ジェシカは夫婦をこの場から遠く離れるように言う。

 

■繋がり

ジェシカはラジオの人気パーソナリティーのトリシュの家に。昔の知り合いだったのだろう。ビルの上の方の階に住むトリシュのベランダに現れるジェシカ。それを見ても、トリシュは驚かない。彼女はジェシカの力を知っているようだった。お金を貸してほしいと。自分の元から離れて行って、急に来てお金を無心という状況に、呆れるが。「 やつが生きていた 」というセリフから、トリシュはジェシカにお金を渡す。トリシュはジェシカなら立ち向かえると言うが、彼女にそんな気はなく、タクシーに乗って海外へ逃げようとする。しかし、思いとどまりジェシカは自分と同じならいるホテルが分かると考え、あるホテルに向かう。

7

■最悪の結末

防犯ベルを鳴らし、昔自分がいた部屋へ侵入。ベッドに寝ていたのは、ホープだった。ジェシカは言う「 キル・グレイブはいるの? 」その言葉に彼女はいないと答える。ジェシカはホープを担いで、ホテルを出る。事務所にて、ホープはいう。色々やらされた。望んでいなくても、自分が望んでいたようにやってしまったと。そこへ、両親がきてホープは共に家に帰ることに。ホープと両親がエレベーターに乗った時、ジェシカは見てしまう。ホープがカバンから銃を取り出すのを。急いでエレベーターを追う。中からは何発もの銃声が。

8 9

1階につくと、ホープは両親を銃殺していた。ジェシカを見て「笑って」とつぶやき、その後正気を取り戻す。現実を見て、彼女は絶叫する。ジェシカはキル・グレイブが確実に生きているという確信を得て、絶望してその場を離れるしかなかった。再びタクシーを呼び止め、逃げようとするが、立ち向かうことを決意する。

 

■ちょっとした感想

ジェシカが普通の人間ではない、そしてキル・グレイブという男も。この2人に昔何かがあったことは確実。そして、その2人の因縁に関わる人物、巻き込まれる人物のその後が気になりますね。ジェシカは雰囲気が、クールでかっこいいですね、次回も楽しみです。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link