haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ フラッシュ S2 第17話 教えてくれるのは過去の人物

time 2017/02/25

海外ドラマ フラッシュ S2 第17話 教えてくれるのは過去の人物

ウォリーが車のエンジンの勉強で、開発者の手記を調べるという。それで、バリーは自身のスピードを上げる方法を過去のハリソン、イオバード・ソーンに聞くという方法を思いつく。時間軸の影響を考え、ハリソンは止めるがバリーは過去へ戻る。時間移動の際に、幽霊の姿をした化け物に追われる。(なんとか逃げ切る)

 

ハートリーと戦った付近の時間につく予定だったが、バリーが思ったよりも早くついてしまう。バリーは自分を眠らせて、ハートリーを撃退する。そして、過去のイオバードと共に速度上げのことを考えることに。(この時、未来で考えていた速度の方程式を書いたりしている)

2

バリーの科学捜査室にゴーストが出現する。どこかへ、飛び去ってしまう。生きているエディを見つけ、アイリスへのメッセージを撮る。(誕生日付近)

3

スターラボに戻った際、ゴーストの件を話す。少し前に見たと。シスコたちは黙っていたことに少し怒るが、対策を考える。バリーはイオバードに別室に呼ばれ、気絶させられる。目が覚めると、そこは隠し部屋だった。ハリソンは立っている。それに驚かないバリーを見て、未来から来たと確信する。それと同時に、未来の自分は失敗したと考えてしまう。しかし、バリーは自分は負けたと。だから、勝つために教えてもらおうとやってきたのだと。納得はいかないものの、自分を早くすることができるのはあんただけだという。信じられず殺そうとするが、この時代のバリーに隠しメッセージを置いていたという。つまり、協力しなければイオバードの計画は潰れると。仕方なく強力することに。ゴーストはタイムレイスと呼ばれており、時間軸をいじる者をゆるさない存在だという。

4

■スターラボにタイムレイスが

シスコたちを襲おうとするが、ハートリーを閉じ込めた場所にケイトリンと共に逃げる。ハートリーは自分のガントレットを返してもらい、周波数を変更してタイムレイスを撃退する。

 

■壊れる計画

何とか撃退したものの、この時代のバリーが目を覚ましてしまう。ハリソンが止めるものの、バリーは未来から来たと素直に話す。タイムレイスを時間の穴をあけ、飛び込むと。タイムレイスの目的は自分だからと。帰る際に、イオバードはタキオン装置のデーターをバリーに渡す。すべてを教えてもらおうとは傲慢だと。スターラボにタイムレイスが戻ってくる。バリーは、地下に走り出し穴をあけタイムレイスから逃げきる。

 

■帰還

バリーは出発したほんの数秒後に戻ってくる。帰る間に、シスコにタイムレイス撃退の方法をハートリーから聞いておいてくれと頼んでいたのだが、自分の時代に戻ってきた際、タイムレイスがすぐに現れる。シスコはすでに対策して銃を開発していて、撃つが効かない。そこへ、ハートリーが現れ、タイムレイスを消し去る。現状と変わっている点はあるものの、イオバードからもらったデータを確認する。

 

■過去からのメッセージ

エディからの件で前に進めていないアイリスだったが、バリーからエディのメッセージを見せてもらう。涙を流しながら、それを見る彼女。バリーは優しくその姿を見て、自分の部屋に戻る。

5

■ちょっとした感想

タイムトラベルもなんか普通になりましたねwwタキオンという装置のデーターを手にいれたから、今回はズームに勝てるのでしょうか?

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link