haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ フラッシュ S2 第16話 フラッシュより速い女性スピードスター現れる!

time 2017/02/18

海外ドラマ フラッシュ S2 第16話 フラッシュより速い女性スピードスター現れる!

バリーはスピードを上げる特訓をしていた、しかし結果が思うように上がらない。シスコが息抜きに、全員でクラブに行こうと提案する。ジェシーも行こうとするが、娘を心配するハリソンに止められるが、強引に説き伏せクラブに行くことに。ハリソンは念のために、メタヒューマン感知のアプリの入った時計を渡す。

 

クラブにいく。アイリスもウォリーも来ていた。ウォリーはジェシーと仲良くしようとするが、感知アプリがバリーに反応しまくって会話にならない。ジェシーはトイレに行き、時計を止めようとする。いじっていると、ハリソンの音声日記が始まる。そこには、娘を助けるためには何でもするという強い決意が込められていた。しかし、その決意の中には、他人をも殺すことも含まれていた。

 

クラブの中に閃光が走る。その閃光は客の財布やカバンなどを盗んで走っていった。バリーは急いで追いかけるが、なんと追いつけなかった。フラッシュの悪い噂が、街に流れ出す

5

ジェシーは時計の音声日記をハリソンに話す。自分のためとはいえ、何でもする父親が怖いと。

 

スターラボで対策を考える。スーツはしっかりと考えられていた。そこで、ケイトリンは思い出す。ヴェロシティ9の開発を手伝ってもらった人物がいると。V9の内容は話していないが、念のためジョーと一緒にケイトリンが話を聞きに行く。手伝ってもらった同僚はイライザ・ハーモン。盗まれたはずはないとイライザはケイトリンに自信をもって告げる。

7

シスコはバイブで、何故かズームの映像を見ることに。

 

イライザは薬の内容を知っていた。ケイトリンは嘘が下手だったようだ。そして、仕事でのストレスもあり、時間が欲しいという理由で薬を使用。しかし、それがストレス発散になってしまい、内なる誘惑の声に負ける。

 

スターラボで話す面々。しかし、イライザが襲撃。バリーは不意を突かれ、メタヒューマン収容所に閉じ込められる。イライザは自身をトラジェクトリーと名乗り、ケイトリンにV9を渡せとジェシーを人質にする。ハリソンとケイトリンは急いで薬を2本作成、イライザに渡す。鎮静剤が入っている可能性を考え、一本はジェシーに注射。入っていないことを確認してスターラボから飛び出る。襲撃の際に、シスコは再びバイブで、ズームの映像を見る。

8

■ジェシーの安否

輸血して、薬を薄めるしかないと。血液を言うが、アース1には存在しないと。ハリソン自身が輸血の相手になることに。何とか回復するジェシー。ハリソンに助けてもらったこと、救ってもらったことを感謝する。ジェシーはこの戦いのあと、自立するためにスターラボを出る。ハリソンには探さないでと告げる。

9 11

■スピードスターとの戦い

V9を改造して、追跡できるようにしていたケイトリン。早速、発見しバリーは現場に向かう。イライザは橋を破壊していた。イライザとの距離がすごい空いてしまったが、バリーは限界を超え、マッハを出し橋を飛び越える。イライザに追いつく。バリーはイライザを救いたいという。しかし、イライザはもう1本V9を打ち、フラッシュから逃げ出す。

 

高速で移動するイライザ。しかし、彼女の体から青い稲妻が発生していた。そして、体はチリとなって消えてしまった。バリーはその姿を呆然と見ていた・・・

10

■正体

青い稲妻。それはズームと同じ現象だった。青い稲妻を出して死んでしまったと。ハリソンは言う、ズームは死にかけだったのではないかと。生きるために、バリーのスピードフォースが必要だったのではと。死にかけている・・・それはつまりジェイも一緒だった。ズームはジェイ?シスコは最近バイブで、ズームの映像を見ていることをバリーたちに言う。そして、それはジェイのヘルメットの付近でよく見ると。バリーはシスコにジェイのヘルメットを渡す。そこで、見た映像は。ヘルメットの下の顔は、ジェイだった。絶望するケイトリン。

12

■ちょっとした感想

ズームの正体が、ジェイと全員が知りましたね。バリーは少しずつ限界を上げて、スピードを上げています。ズームと再び戦ったらどうなるのか楽しみですね。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link