haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ フラッシュ S2 第15話 キングシャークの襲撃、前に進むための決意

time 2017/02/18

海外ドラマ フラッシュ S2 第15話 キングシャークの襲撃、前に進むための決意

裂け目は全て閉じた。ジェイを助けることはできない。

 

「忘れて前に進もう」とハリソンは言った。バリーは忘れるために、戦いを求め。ケイトリンはジェイを忘れるため、休まずに仕事に打ち込む。アース2の出来事はケイトリンやジョーに黙っておくように、釘を刺される。

 

キングシャークは、アローの仲間によって捕らえられていた。しかし、食事(餌?)の隙を見て、逃げ出す。目的はフラッシュの殺害だった。

1

前に進むために、バリーはウォリーと仲良くなろうとする。しかし、失敗する。そこへ、キングシャークが襲撃してくる。臭いを嗅ぎつけたようだった。フラッシュとして戦うが、逃げ出す。フラッシュとして戦っている間、バリーは逃げたと思われ、ウォリーとの間にさらに溝ができる。

2

アイリスとジョーは、バリーの様子が変だったことに気づいていたが、その理由を問い詰める。止められていたアース2のことを話す。向こうでの職業のことを聞いて、楽しみながらも驚いていた2人だったが、メタヒューマンの襲撃でジョー2が死んだことを話す。こちらの世界のジョーとは全く関係ないと分かっていても、自分が原因で死んだことにショックを受けていた。ジェイの死も、キングシャークの襲撃も、アース2が未だに危機なのも、すべて自分が原因と思い込んでいた。

 

アース1のキングシャークの元妻(こちらのキングシャークのドッペンゲルガーは死亡していた)の協力で、探すことに。バリーと同じ電気を放つルアーバリーを設置。それに釣られてキングシャークが現れる。

 

■海上での戦い

海の上と中での鬼ごっこ。海の中では絶対の自信を持つキングシャーク。バリーはキングシャークを中心に渦を作り出す。高速移動で電気が発生。電気の檻が発生してキングシャークは閉じ込められる。さらに、そこへ稲妻を放ちキングシャークを気絶させ、再び捕らえる。

3

■前へ

ジョーはウォリーにバリーのことを話す。ウォリーは家の中の写真に、すべてバリーが写っていることにイラついていた。ジョーはバリーの過去を話す。最悪の時を見ているから、バリーのことを自慢する時は、自分たちの自慢のように話すのは仕方ないと。自慢の息子だが、特別扱いしている気はないと。お前も自慢の息子だと告げる。

 

■決意

バリーはスターラボの面々に自分の責任を話す。ズームをこちらの世界に呼んでしまったこと、ジェイクのこと、すべて自分の責任だと。そして、いつか必ずズームを倒して、ジェイの仇を取り、アース2を救うと告げる。

4

ズームの牢獄に、ジェイを抱えたズームが現れる。ジェイを放り投げ、「ややこしいことになったな」と言い、マスクを脱ぐ。その下は、ジェイの顔だった。

6

■ちょっとした感想

ズームはジェイだった。でも、ジェイが2人いることになるのでは?

 

追記:ジェイのことを、ジェイク・ギャリックと勘違いしていました。すいません。気づいたところは直していこうと思ってます。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link