haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

映画『ドクター・ストレンジ』のレビュー(少しネタばれあり) 

time 2017/02/15

映画『ドクター・ストレンジ』のレビュー(少しネタばれあり) 

マーベル・コミックのドクター・ストレンジの映画化。上から目線の外科医が魔術師に。正直な感想としては・・・普通でした。私の超個人的な感想です、すいません。

 

魔法使いという設定は、正直にいうと大好きなのですが。そんなに魔術の戦いにインパクトはありませんでした。主人公は時間を操る魔術を使い、永久ループ的な感じで敵を撃退します。(間違ってたら、すいません)他の魔術師はムチや剣、扇(?)な感じの武器で戦います。戦闘に関しては、ものすごい普通です。

 

何がすごかったのかと聞かれれば、予告で流れている映像ですね。ビル街がもうぐにゃぐにゃになったり、織り込まれたりするあの映像です。ディカプリオの映画で似た雰囲気がありました。映像はすごいと思いますが、その中でキャラクターたちは動きまくります。なので、正直どうなってるのか、よく分からなくなりました。画面酔いする人は、いると思います。今回は、ドクター・ストレンジのキャラクター紹介の映画と思えばいいと思います。

 

ドクター・ストレンジが纏っている浮遊マントは、よかったです。何がよかったかというと、恐らく感情があるのだと思います。(映画のキャラクターも、気に入られたなと言っていましたし)ストレンジを守ったり、慰めたり、ある意味いいキャラでした。ストレンジは上から目線とありますが、特に強いキャラクター性は感じませんでした。魔術の勉強している時間は隙でしたが。この映画に出てくるジョークは、いまいち意味が分かりませんでした。ウォンの笑いどころもよく分かりませんでしたし。

 

映画のエンドロール中に流れる映像は、わくわくしました。なんとソーが出てきました。ソーの映画にストレンジが出てくるという話を聞きました。神と魔術師がどう関わるのか、興味がありますよね。ソーの映画はちゃんと見ていないので、もう一度見てみようと思います。ドクター・ストレンジの感想は、なんかきつい言い方になってしまいましたね・・・。

 

アメコミの映画化がどんどん進行してます。マーベルだけじゃなく、DCコミックの方もありますし、楽しみが続きますね!

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link