haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ フラッシュ S2 第10話 遅い時間の中で・・・

time 2017/02/05

海外ドラマ フラッシュ S2 第10話 遅い時間の中で・・・

パティがズームにさらわれ、殺される悪夢にうなされるバリー。その夢を聞いても、何も話してくれないバリーに壁をパティは感じる。

 

現状にイラつくハリソンに、シスコは対ズームの作戦を話す。それはバリーを早くするのではなく、ズームを遅くするのはどうかと。ハリソンはどうするのかと聞く。シスコは全員にあるメタヒューマンの映像を見せる。そのメタヒューマンはタートルと名付けられる。周りの人間の時間を止めて、お宝を盗んでいた。この力を解析できれば、ズームに使えるはずだと。警察署である会見が開かれる。それは宝石が戻ってきたという会見だった。バリーはそこにタートルが現れると判断して、向かう。案の定、タートルはいた。動き出すタートルに走り出すバリー。しかし、周りの人間の時間は止まる(ものすごく時間が遅くなっている)、バリーもまたスピードが極端に遅くなり、タートルに逃げられる。

8

タートルに逃げられたバリー。次の目的はおそらく美術館のイベントが開かれ、そこで展示される絵だろうと。バリーは隠し事をしたくないと、パティをそのイベントに誘い、そこで自分がフラッシュだと話す気だった。タートルの反応があり、デート中だったが、バリーは動き出す。しかし、パティの目の前に絵を盗む男が現れる。銃を向けるが、タートルの遅くなるパルスにより銃を奪われ、真上にあるシャンデリアを落とされる。バリーが助けようとするが、そこへタートルの攻撃、速度が遅くなるが、なんとかパティを助け出す。シャンデリアの下敷きになるバリー、ジェイクとケイトリンがなんとか助け出し、ラボに連れて帰る。パティはバリーに置き去りにされた感じになり、タートルは逃げ出す。

 

ディナーの約束をしたウォリーが来なかった。ジョーが調べると、街でカーレースが行われていた。それが、この街にきた目的だったようだ。ウォリーはもといた街にもう戻るとジョーに告げる。

 

パティの家に来たバリー。パティはかなり怒っていた。前に進みたい、話してほしいと。何も話せないバリーは、家に戻ることに。

 

■襲撃

パティの家のドアがノックされる。バリーが言い訳をしっかり考えてきたのだと考えたパティはドアを開ける。しかし、そこにいたのはタートルだった。能力を使い、パティを拉致する。その後に来たバリーはジョーたちに助けを求める。

 

シスコの調べにより、元図書館で働いていたのを調べ上げ、関連の倉庫を見つけ出す。タートルと一緒にいるパティ、妻は剥製のようにされており、パティも剥製にするようだった。バリーはタートルに突撃する。しかし、タートルの能力で殴りつけられるバリー。しかし、一旦引いて、助走をつけて再びタートルに立ち向かう。タートルも再び能力を使う、しかし今回はバリーのスピードも落ちずに、タートルに体当たりを食らわせ、気絶させパティを救い出す。

 

■幸せは去っていき、脅威が訪れる

警察署でパティに話しかけるバリー。きちんと話そうとするバリーだったが、パティは夢のためにこの街を去るバリーに告げ、彼の元を離れる。ハリソンはジェシーを救うために行動を開始する、それは。タートルのDNAを回収した。(タートルは死んだのか?)

11 10

そして、ある男が次元を超えてくる。その男はリバースフラッシュだった。そして、彼と共にギデオンもいた。「ここは、どこだ?」

12 13

■ちょっとした感想

バリーの恋は上手くいきませんでしたね。悲しいですね。パティが犠牲にならなかっただけ、マシですが。リバースフラッシュがやってきましたね、この戦いにどう関わるのか、彼はズームとは関係なさそうですが。展開が楽しみですね。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link