haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

海外ドラマ フラッシュ S2 第08話 古代から続く因縁、不死身の敵が現れる!

time 2017/02/05

海外ドラマ フラッシュ S2 第08話 古代から続く因縁、不死身の敵が現れる!

シスコとケンドラがデート中にある男に襲われる。ケンドラのことを巫女チェイ・アラと呼ぶナイフ謎の男。バリーの救援に何とか助かるが、その男は姿を消す。(その際に、バリーを名前で呼んでしまい、フラッシュとの関係がバレる)普通のメタヒューマンとは違う感じがしたバリーは、オリバー(アロー)たちに護衛を任せることに。彼らも敵と戦っていたが、この件を引き受けることに。

2

スターラボでは、バリーのスピードを一時的に上げる血清の開発をハリソンとケイトリンが行っていた。ジェイクで実験しようとするが、彼は断る。スターラボに訪れたパティが、ハリソンを発見。血清を打つ機器を銃と勘違いしてしまい、発砲してしまう。すぐジョーが呼ばれ、パティは家に帰らされる。弾を取り出すのが危険な状況、高速で弾を取り除けば助かると。呼ばれたジェイクは仕方なく、血清を自ら打つ。すると、失っていた力を取り戻し、ハリソンの中から弾を取り出し、手術は成功する。礼をいうハリソンに、ジェイクは。「バリーに、この血清は使うな」とだけ言い残し、ラボを去る。

16

オリバーのマンションに集まる面々、しかしそこにあの男が襲撃。何とか撃退して高層マンションから落ちてしまう。しかし、死体は見つからない。基地でシスコはケンドラに正直に話すことに。俺も君も普通の人間ではないと。しかし、ケンドラは何も分からない。そこへ、オリバーたちの知り合いがやってくる。その男の名前はヴァンダル・サベッジ不死身の男で、昔から存在する者だと。状況が複雑になっていき、ケンドラは外の空気を吸いに行く、シスコも心配でついていくが、そこで大きな翼を生やした男にケンドラがさらわれる。

4 5

バリーとオリバーの攻撃で何とか倒して、基地に拘束する。目が覚めた彼が話した事実は。彼の名前はクフ。現在の名前はカーター・ホール。ケンドラは古代からの永遠の恋人だと。サベッジに何度も何度も殺され、その度に生命力を吸われていると。オリバーはその話を納得する。またもやオリバーの知り合いが来て、情報を告げる。彼がオリバーたちのいる街スターシティを離れたと。バリーたちの街セントラルシティに向かったと。目的はバリーたちを倒すために、ホルスの杖(古代から存在する強力な力を秘めた杖)を取りにいくためだと。バリーたちもセントラルシティに向かうことに。バリーとオリバーが、杖のある教会に向かうとすでに杖を手に入れたサベッジがいた。戦いが始まる、杖の力は強大だ。そんな中、自分を取り戻すために、ビルから飛び降りたケンドラが覚醒して羽を生やす。それを感じたサベッジは姿を消す。

 

オリバーの知り合いが、密かにサベッジとコンタクトを取る。オリバーとバリーはサベッジの元に。バリーはその際に、走っている自分を目撃する。以前、時間軸移動をした時にも見たものだ。サベッジの元に来たオリバーとバリー。弓で攻撃しても効かないサベッジは、命を失いたくなければ、クフとケンドラを渡せと言い、消える。バリーは時間軸移動の件をシスコに話すが、知っていれば移動はしないかもしれないとしか言えなかった。

 

セントラルシティでオリバーは、元カノが子供といるところを目撃する。彼女に会いに行き、毛髪を採取。バリーに分析を頼む。すると、その子供はオリバーの子供だった。(彼の母親から、息子には流産したと言えと大金を渡されていた)内緒にしていたが、フェリシティが何か感じ取り、バリーに問い詰める。子供の件で、オリバーとフェリシティは大ゲンカしてしまう。

6

バリーたちは2人を引き渡す場所で、サベッジを倒そうと考える。バリーとオリバー、クフとケンドラの4人で向かうことに。しかし、サベッジの力は凄まじく、クフが殺され、ケンドラも殺され力を吸い取られる。オリバーもまたホルスの杖により、燃え尽きてしまう。オリバーの最後の言葉の逃げろで、バリーはその場から逃げることに。サベッジの広範囲攻撃がバリーに迫る。その時、バリーは時間軸を移動してしまう。その場所は戦う前の、サベッジとの取引の場所だった。サベッジが姿を消して、オリバーと戦いの作戦を決めようとする話だったが、バリーは素直に告げる。この戦いは負けると。原因は君だと。毛髪の分析、フェリシティとのケンカ、君の子供とすべてを告げる。

8 9 10

オリバーはそれを聞いて、動揺するが戦いの作戦を再び考えることに。作戦を考えたあと、前の戦いより人数が増えることに。チームアローの面々が増加。再びサベッジと戦うことに。全員が近接攻撃を仕掛けるが、サベッジはそれを軽くいなす。しかし、その隙を突いてバリーがホルスの杖を奪取、サベッジに向けて放つ。(ホルスの杖には、古代にケンドラたちの文明を滅ぼした力が備わっていた)しかし、その力はサベッジが張ったバリアーにふさがれる。しかし、オリバーもバリーに手を貸して、サベッジのバリアーを突き破る!サベッジは砂になって消えた

 

戦いは終わった。ケンドラはクフと共にいることに。結果シスコはフラれてしまう。バリーはオリバーに言う。時間軸のことを話すと未来が変わって大変なことになる可能性があると。オリバーはフェリシティには黙っておくようだ。

14

サベッジが砂になった場所に、オリバーの知り合いが現れ、砂を回収。サベッジは完全には死んでいなかったようだった・・・

15

■ちょっとした感想

今回の話は、前編後編となっていて長かったです。私はアローの方を見ていないので、知らない人が多く出て混乱しました。クフとサベッジは『レジェンド・オブ・トゥモロー』を少しだけ見ていたので、なんとなく知ってはいましたが。アローはかっこいいですね、でも今回攻撃はあまり効いていませんでしたが。パティがハリソンのことを知りました、スピードを上げる血清が完成しました、このことは話にどう関わってくるのか、フラッシュの話も盛り上がってきましたね。パティとバリーは、なんとか上手くいってほしいですね。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link