haruの気ままにブログ

Just another WordPress site

映画:映画『デスノート Light up the NEW world』の感想 ネタばれあり 面白かったよ! 

time 2016/11/17

映画:映画『デスノート Light up the NEW world』の感想 ネタばれあり 面白かったよ! 

前作の藤原竜也や松山ケンイチが役にハマりすぎたため、今回演じる方たちはかなりのプレッシャーだったのではないでしょうか?レビューを見ると、評価がすごい分かれていますが。私的には面白かったですよ。

 

デスノートを頭脳戦がメインだと考えている方は、今回の映画はダメに見えたのではないでしょうか。レビューでも登場人物が全員バカという辛辣な意見もありましたから。確かに今回は、頭脳戦という戦いはなかったように思えます。

 

前作とは明らかに雰囲気が変わっていますから、評価が分かれるのも頷けます。

 

映画の中で、夜神月の子供が出ていたり、Lの方も自身の後継者がいたりと、設定もよかったと思います。デスノートがこの世界に存在できる数は6冊だから死神も全部で6人出るのかなと思いましたが、出ませんでしたね。ちょっとがっかりwwでも、そんなに出ても活躍させることができないので、仕方ないのかな?と思いました。実際、リュークとアーマしか活躍していませんよね。ベポなんてすぐ消えましたからww

 

キラ対策室の松田が出てるのが嬉しく思いました。でも、笑顔で死んでしまいましたね。あの場面は超怖かった。

 

それぞれの登場人物について

 

キラ対策室の三島(東出昌大)・・・最後の最後で、彼がキラだと判明します。デスノートの所有権を破棄したから記憶を失っています。だから、視聴者も分かりませんww私も正直にびっくりしました。レビューでは、この展開は読めたわという人がいましたが、すごいなと思いました

 

竜崎(池松壮亮)は、Lの後継者。しかし、今回はそんなに頭脳戦とう感じはしなかったので・・・どうなんでしょうか?映画が始まる前にはすでにデスノートに名前を書かれています。(合ってますか?)かなりのキレ者という言葉は似合わないのかなと思いました。そんな竜崎も実はノートの所持者。死神の目の対策として、家を出るたびに所有権を破棄しています。それも意味があったのかどうか。竜崎の持っているノートに憑いている死神はアーマ。正直、人とはかけ離れた姿ですが綺麗だなと感じました。最後は竜崎を助ける行動に出ますが、2人の関係が映画の中だけでは、深さが分からないので想い合っていたのでしょうが、感情移入があまりできませんでした。最後は三島にLを継がせて死んでしまいます。映画の最後に、夜神月が出てきていて『計画通り』とつぶやき、にやりとします。流れ的にはL(後継者)が死んで、キラが生き残り、その役になったからの言葉なのか。どこまで予想していたのでしょうか、とても気になります。

キラ信者の紫苑(菅田将暉)、彼はサイバーテロリストでキラ(夜神月)に救われた一人。彼はリュークが憑いているデスノートを手に入れる。しかし、それはノート所持者だった三島に選ばれたいわゆる駒だった。しかし、彼はノートをすべて手に入れて、約束の場所(この場所が、なぜそこなのかが分かりませんでした)に行きます。そこで、夜神月ではないキラを殺そうとします、彼なりの信念が見えますよね。最後は殺されてしまいますが。

 

弥海砂(戸田恵梨香)は、前作に続いての出演ですね。10年後の設定ですが。月への想いは変わらずに、紫苑を手伝う形に。最後はノートに自分の名前を書いて自殺するのですが、その内容が少し泣けます。『月の腕に抱かれて』その願いは叶いませんでしたが、その想いは叶えられたのでしょうか。その最後の表情が優しかったです。そして、綺麗でした。

 

青井さくら(川栄李奈)も出てましたね。映画が始まって、すぐ紫苑によって殺されてしまいますが。・・・・可愛かったですwwスピンオフのドラマは見ていないのですが、そちらでは活躍したのでしょうか。

 

三島と竜崎の出会い、竜崎とアーマの出会いなどじっくり見たかったと思いました。ドラマの方を見れば、すべて分かるのでしょうか。アーマとの出会いはしちゃダメでしょうが。やっぱり前編と後編とかにしてほしかったかな。やったら内容が薄くなってしまうかな。ノートの行方や、キャラクターの行動など、確かにツッコミ所は多少あるとは、正直思いますが。

 

超面白かったとは言えないですが、十分面白かったです。

 

池松壮亮さんと菅田将暉さんは、『セトウツミ』という映画で共演されています。その予告を見たのですが、あまりにも2人の印象が違って、役者さんってすごいと思いました。池松さんは『MOZU』でもかっこよかったですが。

 

夜神月(藤原竜也)は、正直蘇っていてほしかったwww

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link