海外ドラマ『デアデビル』 S3(シーズン3) 第04話『盲点』のあらすじと感想

海外ドラマ

~あらすじ~

マットは久しぶりに自分の部屋に戻り、スーツを着て弁護士として情報を得ようと動き出す。その際、タクシーに乗るがフォギーの財布を使用。

フォギーはフィスクの攻撃に怯えるが、彼女の説得により地方検事を目指し、反撃に出ようとする。

マットは刑務所に。そこで昔の知り合いと会い、アルバニア人の情報を得ようとする。しかし、何かに怯えマットを殴って面会を強制的に終わらせる。

カレンの元にフォギー、マットの生存を知る。

マットは医務室へ連れていかれる。治療を断るのだが、そこで襲撃を受ける。襲撃者を倒すと電話が鳴る。その相手はフィスクだった。盲目の男が見事な立ち回りを見せた、デアデビルの正体がバレてしまった。さらなる襲撃者、何とか倒して脱出しようとする。そこへ、アルバニア人のヴィックと出会う。フィスクを倒すのと引き換えに脱出を助けてもらうことに。その時に刑務所でのフィスクの襲撃はフィスクが仕組んだことと知る。そして、フィスクが雇った終身刑の男・ジャスバー・エヴァンスという名を知る。

ナディームがデックスと話すアルバニア人の襲撃のことで内部調査があるからだ。デックスの報告と現場の報告に食い違いがあると。

警察の集まりでタワーがいる中、フォギーは対抗馬として自分も地方検事を目指すと宣言する

セーフハウスでナディームはハートリーに自分の子供が眠れないと話す。ハートリーは自分の子供の頃のことを話す。父親が危険な薬品を運んでいた。ハートリーはそれに怯えていたが、薬品のレベルの表示の意味を教えてもらった。父親の優しい嘘。ハートリーは誰かを守るための嘘なら構わないとナディームを励ます。

カレンはレッドライオン銀行を調べ始める。フィスクの資金洗浄に使用されているかもしれないから。情報を持つ人物から、事情を知っているかもしれないフェリックス・マニングという男の名前を知る。

フィスクにアルバニア人の襲撃の時の話を聞かれる。フィスクはデックスが敵に対して投降を促したが、反撃され仕方なく止めを刺したと説明する。実際は違うのだが。フィスクはデックスと話す、能力がある、しかし報道はされない。さらに味方にも疑われる。世界は変わり本物の英雄は嘲笑されると諭し、デックスを取り込もうとする。

~感想~

フィスクにデアデビルの正体がバレてしまいましたね。マットは追いつめられていきます、フィスクを刺した相手が反撃の鍵となるのでしょうか?そして、取り込まれそうになっているデックス、彼はフィスクの手の者になるのでしょうか、となるとマットの敵ともなる?フォギーとカレン、それぞれにフィスクに敵対するように動いて行ってますが。次の展開が気になりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました