海外ドラマ フラッシュS5(シーズン5)第09話【エルスワールド part3】のあらすじと感想

海外ドラマ

最強の敵

バリーたちのいる世界は、ディーガンにより再び変わってしまった。悪党として警察に追われるバリーとオリバー。彼らの前に立ちふさがるスーパーマン、その正体は無敵の力を手にいれたディーガンだった。ヒーローとしての立場を利用して、市民を危険にさらして(見かけだけ)その場からなんとか逃げ出す。ケイトリンたちはスーパーマンの味方になっており、カーラはパイプラインに閉じ込められていた。さらにはアレックスをも人質に取られてしまう。

頼れる救援

逃げる際にモニターに接触、しかし、事態は変わらない。同じく悪党になっていたシスコと接触、スーパーマンを倒すと宣言したオリバーに興味を持ち、さらに自分の力を知っていた2人に協力することに。アース38へ向かい、スーパーマン(ケント)に事情を話し、協力してもらうことに。

スーパーマンvsスーパーマン

アレックスと話すカーラ。誰も知らないはずのことを話すカーラ。アレックスはこの世界がおかしいのだと信じ始める。カーラを逃がそうとするが、ディーガンが立ち塞がる。能力を使用しよとすると、ひどい痛みがカーラを襲っていて、彼女は普段よりも弱っていた。最大のピンチ、しかし、彼らの前にスーパーマンとバリーたちが登場。スーパーマン同士の戦いが始まる。オリバーは仲間と戦いになり、バリーとカーラはアレックスと共に本を探す。タイムボルトにて本を発見するが、弱っているカーラでは本の力を引き出すことができない、ケントの元へ向かう。隙を見て、本を開くケント。すべてが、カーラが、オリバーがそして、バリーがそれぞれの力を取り戻す!世界を元に戻そうとするのだが、隙をみてディーガンが本を盗んで飛び去ってしまう。

最終決戦

世界が再び書き換えられていく。バリーとカーラは地球を正反対に高速で移動し、自転を遅らせる。そして、時間そのものをゆったりと、そして止めようとする。運命の本を開いたケントは二人がどうなるのか、分かっていて止めようとするが、バリーたちは行動を起こす。オリバーはモニターに接触しようとして、単独行動を開始。ケントはディーガンの元へ。

善なる者

オリバーは話す。善良かどうかを試しているのだろうと。自分は善ではない、しかしバリーとカーラは善な者たちだと。こんな試練で死んでいい筈はないのだと。しかし、彼は答えた。「宇宙にはバランスがある。それを保つためには?」

スーパーマンがディーガンと接触、彼を止めようとするも、アマゾを召喚。状況は悪くなりつつも、ロイスが味方を連れてくる。(スーパーガールの本編に出てきた人物?)戦闘は激化し、ロイスに危機が!しかし、時間がゆっくりとなり、そして止まる。ディーガンは人の気配を感じる。その先には、本に狙いをつけるオリバーの姿が!本は貫かれ、その力が逆流する。ディーガンはその光に包まれ、その頭部はひどく老いたように変わり果てて倒れる。ロイスは何とかケントに救出される。

エンディング

戦いが終わり、それぞれの世界へ帰る。ケントは、世界をカーラに任せて、しばらく休養するようだ。ロイスのお腹には子供がいて、さらにプロポーズをされ、それを受ける。

バリーとオリバーは飲んでいて、今回の戦いを振り返っていた。そこへ、ケイト(バットガール)から、連絡が。ディーガンが収監されている悪党と仲良くなったと。その男は、仮面をしていた。

ちょっとした感想

終わりましたね、バリーとオリバーが入れ替わるという事態から始まったこの話。バリーとオリバーがそれぞれをさらに深く理解して、絆を強くしたということでしょうか。モニターが話していたこれから訪れるであろう危機、どんな危機がバリーたちを待っているのでしょうか?スーパーマンがいれば、何とかなりそうとか思っていましたが、今回の現状では、スーパーマンが敵になりましたね、単独で最強なのは間違いないですが、必ずしも彼、または彼女だけでは何ともならない事態がきっと起こるでしょう。気になりつつも、怖いですね。

ノラはどこへいったの?ww

コメント

タイトルとURLをコピーしました