ドラマ『ニッポンノワール 刑事Yの反乱』第10話(最終話)『終幕』のあらすじと感想

ドラマ

~あらすじ~

薫が殺された山小屋に到着する清春。首筋に何かの薬を打つ。

深水に見せられたフラッシュバックで、10億や新薬、協力者のことを聞く。新薬はコインロッカーの中に。日本ノワールの存在を明るみにするために、薫は自殺しようとしていた。そして、清春を容疑者にと。警察が清春を追えば、日本ノワールの存在が明かされていくだろうと。こめかみに銃を突きつける薫、清春がそれを防ぐが、ガスマスクが薫を射殺、清春を気絶させる。これが薫との本当の最期の記憶。新薬を取りに行き、そして明美から頼んでいた情報を得る。

山小屋に現れたガスマスクと対峙する清春。深水によるとアルティメットプログラムの成功者は2人らしい。(成功者の清春でも新薬に適応するかは分からない)覚醒した清春は圧倒的な力で、ガスマスクを倒す。そして、そのマスクを剥ぎ取る。その正体は・・・才門要だった。

南武と江國は才門のデスク周りを調べていた。そして、椅子には盗聴器。自分たちが使用しているものではない、才門が生きていることを確信する。そして、清春もまたそうだった。明美に調べてもらっていたのは、才門の生死だった。(プロジェクトの中に、仮死状態にする薬の製造方法があったようだ)あまり驚かない清春にがっかりしながらも、話始める才門。

日本ノワールが行っていた極秘研究。人格矯正、肉体改造、そして精神支配プログラムがあると。精神支配、つまりマインドコントロール。才門は清春にそれを使用していた。才門の「Look at me」、この言葉で清春は自分の意志とは関係なく才門の命令に従ってしまう。銃を下せ、本城を射殺せよなど。「俺を赦せ」の命令、だが清春にマインドコントロールは効かなくなっていた。

清春が新薬を使用したと知り、今度は薫との会話の内容を話す。克喜はアルティメットプログラムの適応者。だが、年齢的にアウト、そこで同じ遺伝子を持つ清春に白羽の矢が立った。才門もまた薫の命を懸ける作戦を止めようとする。そして、当日真犯人と会うとメールが入り、山小屋に向かうと、気絶して倒れている清春とガスマスク、冷たくなった薫がそこにいた。

薫の死後、清春は改造された。組織が記憶を改変して、薫を殺したことにしようとしたが、才門がそれを阻止する。そして、深水に3ヵ月ほどの記憶の消去を頼む、こうして新薬の在処は清春の記憶頼りになり、殺せなくなってしまう。ガスマスクに度々殺されそうになるが、そうはならなかった理由、才門が清春と同じようにガスマスクに精神支配プログラムをかけていたからだった。

才門は肉体改造の失敗者。恋人の星良と同様にあがこうと決めたのだった、清春と話している最中に、咲良と名越がやってくる。名越は清春が襲われていると勘違いして、才門を射殺してしまう。

しかし、実際は違った。名越の銃を弾き飛ばす清春。驚く名越に「猿芝居はやめろ。班長(薫)を殺したのはお前だな」と。いくつか怪しいとこはあったと清春は怪しんでいた。N・Nの文字の筆跡、才門と清春がガスマスクと戦った時の負傷した肩(名越が施設に突入してきた時、利き手とは逆の手で銃を握っていた)など。そして、名越は本性をさらす。どうやらキャラを演じていたようだった。

「真犯人は僕です」今までのキャラが嘘のように、冷酷な人格へと切り替わる。才門を殺したのは、暗示から逃れてるためでもある。そして、清春が使用した新薬は適応しなければ、約1時間でその身を滅ぼしてしまう。清春と名越が向かいあい、戦いが始まる。最初の戦いで負けたのは、才門の指示だったという。戦う二人の姿を録画し、ライブ映像として流す咲良、それは清春に頼まれたことだった。

戦いが進む中、清春は薬の反動で倒れてしまう。名越と咲良が乗ってきた車の中で待機していた克喜が、その場面を目撃。清春に止めを刺そうとする名越を止めようとするも、吹っ飛ばされてしまう。その際に、清春が父親と知る。今度は克喜が殺されそうになるが、清春がそれを防ぐ。

清春は叫ぶ、人は最期の瞬間まで足搔くと。自分を信じて、貫いて、それがお前(名越)にできるのかと。よろけながらも、名越はそれに反論する。「人を傷つけ、命を奪う人間を作り変えて何が悪い?」「つまんねぇな」と名越の意思を笑い飛ばす。自分たちは未完成だと、誰だって過ちは犯す、間違いをなかったことにするんじゃなくて、抗うべきだ、自分たちの力で。

「 自分次第でこの世界は、いくらでも変えられる 」

清春が新薬によりさらに覚醒。名越を吹っ飛ばし、自分も倒れてしまう。清春が父親と知った克喜が駆け寄ってくる。名越がその場から逃げようとするも、一人でやってきた南武に逮捕される。名越は息子の仇ではあるが、殺さなかった。しかし、その苛立ちをぶつけるように、名越を蹴りまくる。自分も人間ができてないと、南武は夜空を見上げた。新薬に適応しなかったように見えた清春だったが、深水が飲ませていた特製ドリンク、それは少しずつ摂取することで、清春が新薬に適応できるように作られたものだった。10億は深水の所に、すべてが終わったら人体実験で家族を失った人たちに渡すように頼まれていた。

一つの事件が解決した日、それは克喜の誕生日だった。克喜と清春、そして咲良が祝っていた。清春が用事で部屋を出ていくのが、彼の前に現れる誰か・・・。壁に三本の血筋を残して、腹部を撃たれた清春が座り込んでおり、その瞳は閉じられていた。しかし、右手の指が微かに動いた・・・。

~ちょっとした感想~

終わりましたね、日本ノワール。最初はどんなサスペンスなんだろうかって思って見初め、ルールがどうなんだろうっていう警察会議を見て、少し心配しましたが。人体実験、秘密の地下組織、どんどん物語が加速して、興味がガンガンに惹かれていって、とても面白かったです。最初から、色んなキーワードが散らばっていたんですね。ロッカーの鍵は記憶に残っていましたが、名越が怪しいと思われる場面は、見事にスルーしていました。そして、最後の清春のシーン。死んではいないと思うのですが、誰がやったのか気になりますね。日本ノワールの正体は、咲良のライブ映像で日本中に広がりはしましたが、その存在が消えたわけではないので、日本ノワールの手の者に撃たれたのでしょう。清春の前に現れた人物、その表情からは誰かは分かりませんが。

久々に引き込まれるドラマでした~、スピンオフ(?)の名越と薫のドラマもあるみたいなので、見たいと思います!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました