ドラマ『ニッポンノワール 刑事Yの反乱』第08話『人体実験』のあらすじと感想

ドラマ

~あらすじ~

清春は囚われの身に。自分も実験されたのかと、碓氷に問いただすが、厄介な存在とだけ答える。南武は自分の班に順番に清春の監視を指示する。公安に暗殺されるのを防ぐため。その頃、宮城は自分自身を調べていた。碓氷の言葉では、子供を殺害した後に、神隠しにあった犯罪者と知らされる。

獄中で江國から才門の真実を知らされる。彼は日本ノワールのメンバーで、事件の収束を指示されていた。清春を逃がしたことにより、組織に消されたのだろうと。助けた理由は、生かす価値があると、彼が判断したためだと。彼の言葉は、蘇った記憶は本物だと。

克喜が再び実験に利用されそうになる。しかし、そこで碓氷に電話がかかってくる。ボイスチェンジャーを使用した電話、ガスマスクであろう。取引を持ち掛ける。

名越が清春と話していると、そこへガスマスクが乱入。2人を倒して、克喜が危ないと警告。その際に、清春にフラッシュバックを起こさせ、逃亡する。

ガスマスクの出現で、騒ぎになる警視庁。宮城は深く考え込んでいた。そこで、バディを組んだことのある郡司がやってくる。彼は独自に人格矯正プログラムを知っていた。自分の存在に悩む宮城に、刑事として自分と関わってきた記憶は本物だと話す。それを聞いた宮城は、感謝して頭を下げる。

宮城が清春を脱獄させ、咲良の元へ向かい、パソコンとUSBを借りる。克喜を助けるために共に行動する。USBのパスワードを思い出した清春、それは克喜の好きなヒーローのガルムフェニックスだった。USBの情報から、克喜の位置を判明、助けに向かう。現場に向かうと、江國たちもやってきていた。全員で克喜がいる研修施設に向かう。

人体実験されたと思われる兵士たちが現れ、江國たちが足止めを喰らう。清春と宮城が克喜捜索に向かい、宮城が先に見つける。しかし、その場には公安の眞木がいた。仁平から生きたままの捕獲を命じられるが、どうやら好き放題するみたいだ。兵士たちの妨害、眞木によるゲームの開始(時間制限)が始まる。

宮城を追いつめる眞木だったが、清春が到着する。最初は克喜を人質にとるが、日本ノワールの本当の目的はお前で、怒りの沸点を上げろという命令が下っていると話す。どうなるのか、気になる眞木だったが、それで警察が子供を殺すのもと躊躇うも、次は躊躇なく宮城に銃を撃つ。その瞬間、清春が異常な力を発現する。危険を感じた眞木が銃を放つもそれを避ける、そして、顔面を掴み、地面に叩きつける。克喜を助けることに成功するも、宮城は平和な社会を望み、死んでしまう。その後、清春は姿を消す。

深水のカフェに現れる清春。清春のためにドリンクを準備していた深水だったが、清春は質問を投げかける。「いつから、これ(特性ドリンク)に薬を入れていた?あんたが日本ノワールの黒幕なのか?」清春の質問に深水は彼を睨みつける。

~ちょっとした感想~

宮城が死んでしまいましたね、造られたという事実に立ち向かい、罪を償いたいとまで考えていたのに、この最後はちょっと悲しいですね。さらに気になるガスマスクの正体。才門かな?もしかしたら、宮城かな?と思っていたのですが、どうやら両方外れたみたいです、誰なんだよwwUSBから判明した深水が日本ノワールのメンバーという疑惑、彼の口から何か語られるのでしょうか?残り数話、本当にどうなるのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました