ドラマ『ニッポンノワール 刑事Yの反乱』第02話のあらすじと感想 父親としての想い、警察としての名誉

ドラマ

~あらすじ~

清春の家に十億強奪事件に繋がる証拠品(銃と計画書)があった。そして、そこに本城が家宅捜索のため、特殊部隊を連れてきている。匿名のタレコミがあったようだ。本城、そして碓氷班の面々が突撃すると、そこには清春と名越が乳首相撲を真剣にしている場面だった。結局、銃と計画書を本城たちは見つけることができず、撤収。証拠は隠し部屋にあった、そして防犯カメラに写っていたのは、本城だった。警察会議にて、南武修介(北村一輝)は、碓氷から殺される前に聞いていたことを話す。十億強奪事件の裏には警察関係者がいること、10億はある場所に隠しているということと。碓氷殺害事件と、再び10億強奪事件を、この2つの事件を追うことに。碓氷班の方は強奪事件を追うことに。10億強奪事件の時に関わっていたハッカーは、清春の知るベルムズに所属していた。(警察の資料にはそこは載っていない)そして、清春の知り合い(あの日、服等を用意した人物)からの情報で、ハッカー上岡達彦の後輩の彼女が警察関係者のお偉いさんということを知る。そして、その警察関係者は本城で、彼女が本城芹奈(佐久間由衣)だった。清春たちは芹奈に接触、死ぬ数日前に碓氷と接触していた。

~ちょっとした感想~

10億のことを知っていた人間、大金が必要な人間が次々と現れましたね、その中に狙っている人物がいてもおかしくないですね。江國は奥さんの手術費用、高砂は投資の失敗での借金、碓氷から情報を得ていた南武と。

才門は咲良の姉の婚約者だった、これは何かに関係してくるのか。すべての事柄が怪しく思えてくるww

本城が娘と話していた「あの件」。自宅の車庫に十億強奪に使用された車があったこと、そしてそれを内々に処理(解体)していたこと。自分の地位だけ考えていたというわけではなく、娘の家族のことも考えていたようです。ここが、善悪の別れなんですかね。

碓氷薫が残していた映像と重要な証拠の在処。映像には息子に当てた遺言、そして警察関係者に当てたメッセージ。その内容は本城が自白したことと、関わるなら娘のことも考えてあげてほしいと。これはかなり難しい問題ですね、でも警察の上層部なら公表しないような気もしますが。

本城にたびたび電話で指示を出していたと思われる人物、それは才門でしたね。(匿名のタレコミも)最初はしゃべり方から、名越なのかなって思っていましたが、最後にヘリウムガスを吸って話していたので、才門と確信できましたね。克喜奪還の際には、芹奈に父親や刑事のことで熱く語っていましたが、結局は警察の名誉を守るために行動していたのでしょうか?ニュースで本城が、10億強奪の首謀者で、碓氷殺害の犯人と発表されていました。彼の本心がまったく見えないですね。

そして、今回のエンディングでは才門が誰かと話していましたね。相手が誰かも、何を話しているのかも分かりません。本当の最後は声が入ってたような気がしますが。

今回の事件で、警察的には10億強奪事件と碓氷殺害事件は決着と思っているのでしょうが、これで清春たちが止まるわけないですよね。予告では、才門が怪しいという動きがあるようです。どうなっていくのでしょうか、とても気になりますよね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました