ドラマ『ニッポンノワール 刑事Yの反乱』第01話のあらすじと感想 エンディングの碓氷は何を言っている?

ドラマ

~あらすじ~

刑事の遊佐清春(賀来賢人)が目を覚ましたのは古い廃屋。手には拳銃が握られていた。そして、彼の横には上司のである碓氷薫(広末涼子)の遺体が横たわっていた。そして、自分がここ3ヵ月分の記憶がないことに気づく。誰が彼女を殺したのか、自分ではない誰か、いや自分の可能性も?どちらにせよ、このままでは捕まるであろう。清春はそう思い、すべての痕跡を消して、その場をあとにする。そして、再び今度は刑事としてその事件現場に呼び出される。

事件を解決するための会議では、悪名高い刑事の清春に向けられる目は、当然のように疑いの目だった。碓氷が殺された時の、アリバイは証明できないが、記憶喪失(医師の診断書あり)という清春を当然、みんな信じることもできずに。(碓氷と清春は衝突していると、周りは知っている)

碓氷を殺したのは誰なのか、自分も周りも信じられない中、彼の戦いが始まる。

~ちょっとした感想~

警察の乱闘、銃の発砲、証拠より感情での決めつけ。正直、全員クビじゃないって思いました。

十億円強奪事件、犯人たちが銃を向け合い発砲で、全員死亡。明らかに不自然でしたね。何かそうしなければいけない理由があったのでしょうか?全員が互いに撃つことを強要されているとか?

清春の家にあった十億円強奪事件の計画書と犯人が使用していた銃、清春と事件の関連はあるのでしょうか?犯人の一味? 十億を碓氷がどこかに移動したから、聞き出すために殺された・・・犯人の目的に金銭があるなら、犯人は清春だけではない可能性も出てきます。

エンディングで碓氷が誰かと電話で話しています。少し涙ぐんでいますよね。そして、電話を切ったあとに何か話しています。エンディング曲が流れていて、話している言葉は分かりませんが、最後の言葉は「ごめんなさい」「さよなら」と私は口の動きからそう思いました。彼女は死を覚悟していたかのような。

登場人物全員、何かを隠しているかのような感じですよね。一見、味方に見える深水咲良(夏帆)だって、清春の家に侵入できるのではないでしょうか?
碓氷に恋い焦がれていた(?)、名越時生(工藤阿須加)本条諭(徳井英介)の言葉で、清春を殺害に動きました。清春をハメた犯人ではないものの、いつか裏切る可能性も捨てきれない。本条とその娘である芹奈(佐久間由衣)、この2人もどう関わってるのでしょうか?「あの件」という言葉が気になります。清春を消したい、その理由は?

清春の相棒になった碓氷薫の息子・碓氷克喜、彼の父親は誰なんでしょうね?もしかしたら、清春と思いましたが、記憶の損失の話から、そんなのはないような気がします。警察学校の同期だった宮城遼一(細田善彦)が「口先だけかよ」って言ってましたしね。手柄を横取りした清春にそうとうな怒りを抱えています。この怒りは直接ぶつける系だと思うので、犯人ではないような・・・

克喜くんの飲んでいた薬も気になるし、清春のことをよく知っているであろう公安のエース(見えないww)の才門要(井浦新)が十億円についての証言「犯人はまだ手にしていない」これも気になります。公安の情報なのでしょうかそれをさらっと話していいものなのか・・・

最初のシーンのロッカー(145?)も気になりますし、なんか仮面ライダーの映像ありませんでしたか?

全員が敵に見え、味方も不明確、さらには最期にはSITに囲まれているこの現状、彼はどう切り抜けるのでしょうか?次回がものすごく気になります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました